執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 提言  > 視点  >世界が求める、多様な...

提言 | 視点

世界が求める、多様なコメの食文化 | 農業経営者10月号 |  (2007/10/01)

【(株)ゴーゴーシステム代表取締役社長 宮森宏和】
視点 旅行会社で9年働き、カレー屋で修行した後、メジャーリーグで大活躍する松井秀喜選手に大きな影響を受けて、会社を創業した。なぜカレーライスに注目したかといえば、競合他社が少ない気がしたのと、比較的好き嫌いのない食べ物なので全国展開できると思ったからだ。それと、知名度は高くはないと思うが、金沢にはカツとキャベツをトッピングするご当地グルメ「金沢カレー」があり、その食文化を世界に広めたかったというのもある。肉も野菜も入っていて、誰もが子供の頃におかわりしたカレーライスは、私にとって元気の象徴。この料理を通じてお客様、そして世界中を元気にすることを企業理念として掲げている。

水田を守る外食業



実家は1haほどの農地を所有する兼業農家だ。幼少時には田植えや稲刈りを手伝ったものだ。長男ということもあり、代々の水田は守らなければという意思はあった。一方、「農業は金にならない」という、地域内の雰囲気を感じていた。サラリーマン時代、農閑期の農家を連れて海外の農場視察旅行を企画したことがあったが、大規模で合理的な経営を行なっているのを目の当たりにして衝撃を受けたこともある。しかし、経営努力をすれば水田を守っていけるという希望も見えたように思う。

現在、当社では実家や親類、縁者が生産するコメ、それにタマネギを契約栽培という形で買い入れている。これらの圃場をゴーゴーファームと称している。近い将来は法人化し、地域に雇用を生み出していきたい。また、現在も行なってはいるが、従業員を田植えや収穫に参加させることで、コメがどのようにできていくのか、どうしてコメを粗末に扱ってはいけないのかを、身をもって知るための教育の場として積極的に活用していく方針だ。

食べる人と作る人を元気に



今年の5月5日、米国・ニューヨーク店をオープンした。当日は開店前から行列ができ、3日目には用意した555食が完売した。米国人は偏食の傾向があり、昼夜とも来店するリピーターが多い。NYではインドカレーは一般的だし、日本食レストランにもメニューにあるため、抵抗はないようだ。寿司レストランやおにぎりショップも繁盛していて、コメ人気の高さを実感した。それにともない、カレーライスのビジネスチャンスも広がっていくと確信している。

農業と外食業が手を携えて海外進出することで、日本の多様なコメの食文化を伝えることは、非常に価値があると思う。決して大言壮語ではないだろう。当社の事業によって、カレーライスを食べる人のみならず、コメ生産者が元気になるとすれば、こんなに嬉しいことはない。
(インタビュー・まとめ 鈴木工)
宮森宏和(みやもり ひろかず)
1973年石川県金沢市生まれ。高校を卒業後、専門学校を経て地元の旅行会社に勤務。同郷・同世代の松井秀喜選手が活躍する姿に影響を受け、会社を退職。2004年に「ゴーゴーカレー」1号店を新宿にオープンする。07年9月現在、石川県内を中心に、沖縄、米国・ニューヨークまでの各地で計20店舗を展開する。
http://www.gogocurry.com/
Posted by 編集部 11:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする