執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME >2008年01月

購読申込み
特集

顧客主義の農業経営者から学ぶコメ経営再生のヒント | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

特集
先月号ではコメ経営者の経営破綻の事態にあたって、事業者としてなすべきことについてお伝えした。しかし、コメ経営そのものに可能性がなくなってしまったというわけではない。経営努力次第で可能性は広がるのである。では、何をなすべきか? 農業経営者に生まれ変わるためにはどうすればいいのか? 本特集では本誌読者の経営事例を紹介することで、経営改善の方法論のヒントを提示したい。
続きを読む
Posted by 編集部 | 13:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
農業経営者取材 | 新・農業経営者ルポ

第43回 家庭菜園が発掘したブラジル野菜市場 | 農業経営者 1月号 | (2008/01/01)

【C.A.H. 代表 林 治男(群馬県大泉町)】
経営者ルポ 20年間のブラジル暮らしの後、帰国。趣味で始めた家庭菜園のブラジル野菜が職場の日系ブラジル人に好評を博す。あくまで友人へのおすそ分けとして始めたもの。しかし、林の野菜を求める日系ブラジル人があまりにも多く、断るつもりで野菜に値段をつけた。すると、逆に来訪者が一気に増え、専業のブラジル野菜生産者となる。現在、全国の約450店舗に出荷し、売り上げは月1000万円。

故郷の味を求める日系ブラジル人



現在、日本各地に暮らす日系ブラジル人は約30万人。その人たちが故郷で食べていた野菜や果物を日本国内で生産、供給している人がいる。群馬県大泉町を拠点に「C・A・H」という屋号でブラジル野菜を生産・出荷する林治男(60歳)である。出荷にあたってはブランド名として、蕫ブラジルの味﨟を意味するサボール・ブラジレイロという名称を使っている。全国450以上の店舗に届けられる作物の売り上げは、月平均約1000万円。出荷先はブラジル人向けのスーパーやブラジル料理店ばかりではなく、半分は一般のスーパーだという。

日系とはいえ数世代にわたってブラジルに暮らしてきた人々が慣れ親しんできた食材に対するニーズは大きく、生産力をはるかに超える需要がある。さらに、新しい食材に対する関心も高まっている。また、ブラジル野菜の多くはヨーロッパ諸国を原産とするものであり、ブラジル以外の外国人にも懐かしさを感じさせるものであるらしい。ところで、そんな林のブラジル野菜ビジネスは、日系人の妻や同じ職場で働く日系ブラジル人を喜ばせたいと、家庭菜園から始まったものである。 (以下つづく)
※記事全文は農業経営者01月号で
Posted by 編集部 | 12:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
提言 | 視点

先入観で変えられる味覚 | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

【神戸松蔭女子学院大学 人間科学部 生活学科 准教授 坂井信之】
視点 安全性や品質など、食品にプラスアルファを求める今日において、消費者はどんなものをおいしいと感じるのか。その研究課題に関して、私はある実験を行なった。被験者に各メーカーの日本茶飲料のCMを視聴させた後、実際にお茶を飲ませて感想を尋ねるという実験である。「このお茶は風味がある」など、最も高い評価は老舗をモチーフに「和」を強調した商品のCMを見た後に集中した。一方、野生的なイメージの男性タレントが出演するCMは、お茶に対して「苦味が強い」といった意見をもたらした。しかしながら、実はどのお茶も中身は同一の商品であり、味が変わるはずもない。この実験結果は何を意味するか。
続きを読む
Posted by 編集部 | 11:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
農業技術 | 乾田直播による水田経営革新

Vol.23【最終回】 乾田直播が生んだ世界に通じるビジネスモデル | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

【コメ産業コンサルタント 田牧一郎 -profile

日本品種をめぐる世界各地の取り組み



本誌2006年2月号からこの連載を始め、カリフォルニアや南米の稲作、世界のコメ業界の話題などを紹介してきた。世界各地のコメ産地では、それぞれに問題を抱えながら、存続のために努力を続けている。

カリフォルニアでは、米国内および日本市場で売れるコメとして、日本品種の生産体制の確立に挑戦するグループがある。ウルグアイでは国内有数の精米業者が、輸出商品として日本品種の試作を開始した。また、チリでは生産者グループが輸入米に負けないコメ産業を目指し、動いている。アジアに目を向けると、台湾には日本品種を使った高品質米の生産を学ぼうとする生産者や精米業者が多くいる。
続きを読む
Posted by 編集部 | 10:29 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
農業技術 | 防除LABO

第29回 ナシ編
根にはびこる果樹の大敵白紋羽病を食い止めろ!の巻 | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

生理障害・みつ症はカルシウムの葉面散布で対応



専門家 ナシは日本各地に産地がありますが、横浜産はかなりの人気ブランドのようですね。

落合 ええ。40年ほど前から行政ぐるみで栽培が始まり、地元では「はま梨」というブランド名で通っています。面積、生産量とも神奈川県内のトップなんですよ。市内各地で栽培されていますが、「フルーツパーク設定事業」で造成された恩田川流域の水田地帯は、とくにナシ畑が多いんです。「三水」といって、新水、幸水、豊水が栽培されていますが、今ではほとんどが豊水と幸水。市場出荷せず、宅配や庭先販売で売り切ってしまいます。手に入りにくいんですが、ファンは多いですよ。

専門家 横浜産という、意外性やもの珍しさも消費者受けしそうですね。

落合 そうですね。贈答用の需要も多くて、うちでも北海道から沖縄まで発送しています。

専門家 都市部に近い園地では、周辺住民から農薬散布に対するクレームもあると思いますが、どうですか?

落合 薬剤散布は朝5時頃からやっています。昼間は車が通るし、ベランダには洗濯物もありますし。それにここは川沿いですから、犬の散歩の人なんかも多いんですよ。もちろん、圃場によっては、ドリフト防止ネットも張っていますよ。 (以下つつづく)
※記事全文は農業経営者01月号で
Posted by 編集部 | 10:26 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
時流 | 農・業界【国内】

安心と安全を考える会(新潟県上越市)
台湾向けコメ輸出を強化 | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

タイやオーストラリアでも販売開始予定



新潟県上越市の「安心と安全を考える会」(内山義夫代表)が、コメの輸出活動に力を入れている。

同会は有志のコメ生産農家5名による任意団体で、これまで海外の見本市に参加しながら、現地のバイヤーと関係を築いてきた。既に台湾やタイ、シンガポールといったアジア各地のほか、オーストラリアにも営業活動を展開しており、先行事例地となる台湾では、18年産米から取引を開始。現地消費者や日本料理店などの需要に対し、19年産米は年間5tの出荷を見込んでいる。
続きを読む
Posted by 編集部 | 09:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
時流 | 農・業界【国内】

(株)ゆめ市(静岡県浜松市)
専業農家組織が法人化
流通販売事業をスタート | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

アンテナショップも開設し、顧客動向探る



静岡県浜松市内の専業農家18名が、(株)ゆめ市(森島恵介代表取締役)を設立した。地元農産物の消費拡大を図ったもので、個別の農家では難しかった流通販売ルートを確立し、農業経営を安定化させる狙いがある。
続きを読む
Posted by 編集部 | 09:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
時流 | 農・業界【国内】

(株)旦千花(千葉県八街市) 収穫祭イベントを開催 | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

手作り料理や舞台芸能で取引先を歓待



江戸菜やスカッシュなどの生産・加工を行なう(株)旦千花(大槻洋光取締役会長)は、去る11月11日、千葉県八街市にある本社兼農園本部で収穫祭を開催した。このイベントは、取引先に同社の1年間の発展と感謝の意を示すもので、今回で2度目の試み。会場には約230名の招待客が集まり、手作り料理や酒が振舞われたほか、舞台芸能などが披露された。
続きを読む
Posted by 編集部 | 09:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
時流 | 農・業界【国内】

特定非営利活動法人日本アグリデザイン評議会主催
アグリデザインコンテスト2007 | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

審査発表・授賞式行なわれる



去る11月21日、日本アグリデザイン評議会が主催する「アグリデザインコンテスト2007」の審査発表・授賞式が、東京都千代田区で行なわれた。アグリカルチャーの育成を目指すために行なわれる同イベントも、2006年に続き2回目。審査員として本誌編集長の昆吉則や、国立ファーム(有)の高橋がなり氏らも参加し、表彰式のプレゼンターを務めた。
続きを読む
Posted by 編集部 | 09:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
時流 | 土門「辛」聞

「みずほの国・防人」って一体どこの、誰のこと!? | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

【土門 剛 -profile

米緊急対策は現場ご用聞き農政の賜物か?



この秋、農水省は幹部職員を地方に派遣した。「地域づくりや生産現場の悩み・問題点を聞いて、その中に含まれる積極的な提言を受け止め施策に反映させる」(東北農政局)のが目的だそうだ。

名付けて「みずほの国・防人応援隊」。なかなかしゃれたネーミングだ。霞が関官僚の類い希なる造語能力には以前から敬意を払ってきた。その能力を政策にもっと活かせてくれたらと言えば、失礼になるだろうか。

それはそれとして「みずほの国・防人応援隊」が、ニッポン農業の現状など把握できるわけがない。行革対象筆頭格の地方農政局が、自分たちの存在のアピールするのはこの時とばかりに、日頃かねて用意の安全牌ならぬ農政局御用達の農家代表を集めて話を聞いても、農業現場の実態など理解できるわけがない。 (以下つづく)
※記事全文は農業経営者01月号で
Posted by 編集部 | 09:28 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
購読申込み
GAP

GAPレポート第7回 | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

一定の普及を達成し、第2ステージに入ったJGAPの方向性とは?
「販売力向上への戦略的位置づけが鍵」



NPO法人日本GAP協会は、GAPに取り組む生産者が自主的に発足した組織で、JGAPの普及をすすめている。2007年8月にはグローバルGAP(旧ユーレップGAP、今年9月に名称変更)との同等性認証も確認された。JGAP認証を取得した農場の現状や取得によって得られた成果は? 販売戦略にどうつながっているのか? 同協会の武田秦明事務局長に聞いた。

―認証農場は増えているか? 農場にとって導入の成果は?

2005年7月よりJGAPの導入を始め、2006年12月までに71農場、07年5月までに114農場、同年10月末で212農場と増えました。品目ではホウレンソウ、小松菜など葉物野菜が多く、コメはまだ少ない。 成果についてよくいわれるのは「農場管理の標準化ができた」ということ。従業員教育に活用している農場も多いようです。

経営者なら誰もが、出荷する農産物から基準値残留農薬など出したくないと思っている。ただ、出さないための具体的なルールが今までなかった。あったとしても自己流でやっている農場も多かった。しかしGAPを導入すれば農薬の使用時、あるいは使用後には何に留意すべきか、残った農薬を保管する時はどうすればいいかルールを決めることになっている。 (以下つづく)
世界70カ国の約5万農場が認証を取得するまで成長したユーレップGAP。農場管理における事実上の世界スタンダードになっている。我が国では日本版GAP(JGAP)の普及が始まったばかり。本誌では、農場の経営管理手法そして国際競争に生き残るための規範として、GAPに注目。世界の動き、日本での進展を毎月報告する。レポートはジャーナリストの青山浩子氏。 -profile
※記事全文は農業経営者01月号で
Posted by 編集部 | 09:15 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
農業経営者コラム | 高橋がなりのアグリの猫

高橋がなりの「アグリの猫」
第9回 農業界も、「人財」にお金を投資しましょう! | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

【国立ファーム有限会社代表 高橋がなり -profile
農業の世界が、なぜ停滞しているのか、僕は最近ようやく気がつきました。僕がこの業界に入ってから、農業に携わっていらっしゃる方々から「人材」という言葉を聞いたことがありません。そこが他の業界から取り残される大きな原因です。 

先日、年商20億を売り上げる協同組合販売の方からも、有機野菜の流通企業さんからも「国立ファームは人を雇いすぎだし、給料も払いすぎだ」と言われました(実は、これは僕がAV界に入ったときにもまったく同じことを言われました)。

月商1500万円の会社に社員が50人以上いて、人件費だけで2000万円以上ですから言われて当たり前なんです。なんですが、国立ファームは農業でぼちぼち食べて行くために作った会社ではありません。農業改革のために作った組織なんです。 (以上つづく)
※記事全文は農業経営者01月号で
Posted by 編集部 | 08:29 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
トラクタ

マッセイファーガソントラクタ | 農業経営者 1月号 |  (2008/01/01)

マッセイファーガソントラクタ
写真提供:土の館

型式・仕様:MF-25・27馬力
製造社・国:マッセイファーガソン社・英国
製造年度:1962(昭和37)年
使用過程:このトラクタが日本に導入されたのは15馬力級の国産トラクタが普及し始めた頃。当時のトラクタの中では大型とされていた。個人所有は町村内部で何台もなく、近隣の農家から作業を頼まれることも多かった。今も現役で使用しているものが多い機種。北海道北見市の戸田勝利氏が所蔵。中古で取得されたもので、経歴は不明。
Posted by 編集部 | 07:30 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
*編集部より

農業経営者2月号発送日のお知らせ  (2008/01/01)

いつも『農業経営者』をご愛読いただき、ありがとうございます。

2008年2月号(144号)の発送日は、1/10(木)となります。

株式会社農業技術通信社 『農業経営者』編集部

Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
読者の会

『農業経営者』読者の会  第1回 全国大会のご案内 (2008/01/01)

読者の会では2月15日(金)〜16日(土)、2日間にわたり全国大会を開催します。
記念すべき第1回全国大会のテーマは「イノベーションが農場を変える〜6人の成功者から学ぶ発想転換のヒント〜」に決定!

成功した農場の共通点、それは常にイノベーションに挑戦していること!全国大会では、めざましい発展を遂げた農業経営者と、産業論や経営に精通した専門家を招き、参加者と農場経営について語り尽くします!

全国の優れた農業経営者と共に過ごす『2日間の集中プログラム』。新しい経営戦略の構築、自己鍛錬、スタッフ教育、人脈づくりに絶好の機会です。ぜひご参加ください!


[ 開催日 ]
2008年2月15日(金)〜16日(土)[1泊2日]


[ 会 場 ]
2月15日(金)
幕張セミナーハウス
2月16日(土)農場視察のためバス移動

[企画概要] 
初日、基調講演はイノベーション論と企業文化史の第一人者米倉誠一郎氏(一橋大学イノベーション研究センター教授)。農業におけるイノベーションチャンスを語ります。

午後の分科会では、実際にイノベーションを実践してきた農業界の6人の先駆者達をゲストに招待します。参加者は次の1〜6のテーマについて、それぞれイノベーションを実践したゲストと、ゼミ形式の分科会に参加してください。

──────────────────────────────
テーマ1.「腹ではなく心を満たす農業ビジネス」

パネリスト 大泉 風のがっこう・白石好孝氏 (東京都練馬区)
本誌07年11月号・編集長インタビュー登場】

消費者は今、農業に感動や癒しを求めている。消費者のニーズを汲んだ、新しいビジネスとして体験農園を進化させた同氏が、多様化する農業のありかたを提案する。
──────────────────────────────
テーマ2. 「水稲生産における技術革新と経営展開」

パネリスト (有)米シスト庄内・佐藤彰一氏(山形県東田川郡)
本誌04年4月号・農業経営者ルポ登場】

日本有数の産地でコメ93haを経営し、売上高2億3000万円をあげる同社。次の経営革新の鍵は乾田直播、と考える同氏と大規模経営の戦略と勝算を語る。
──────────────────────────────
テーマ3. 「マーケット本位の生産者組織作り」

パネリスト (農)和郷園・木内博一氏(千葉県香取市)
本誌07年4月号・対談「高橋がなり×木内博一」登場】

90戸以上の農家をとりまとめ、生産・加工・流通・販売を手がける同園。設立10年で売上高15億円に成長した農業法人の代表と、組織作りを語る。
──────────────────────────────
テーマ4. 「農業も外部から経営者の招聘を」

パネリスト (株)ナチュラルアート・代表・鈴木誠氏
本誌07年12月号・特集登場】

元金融マンとして経営者の交代を数多く見聞・経験してきた同氏。農業経営においても優秀な経営者を外部から迎え入れることの可能性と、その意義を提案する。
──────────────────────────────
テーマ5. 「成功する!ネット産直ビジネス」

パネリスト あさくみ農産・松浦進氏(島根県松江市)
本誌08年1月号・特集登場】

コメが売れないと嘆く前に、お客様が求める味を作っているだろうか?コメ25haを100%自己販売、うち9割を楽天で売る同氏とブランド戦略を考える。
──────────────────────────────
テーマ6. 「Made in Japan から Made by Japanese へ」

パネリスト (有)サンアップル醸造ジャパン 木村慎一氏
本誌03年10月号・農業経営者ルポ登場】

黄金崎農場から独立した同氏は今、ウクライナで大豆を栽培し、日本に輸出する準備を進めている。農場の海外進出を、本誌編集長・昆吉則と共に語る。
──────────────────────────────
taikai.jpg


総合司会 財部誠一氏(経済ジャーナリスト)
テレビ朝日「サンデープロジェクト」でお馴染み、気鋭のジャーナリストが大会を進行!PHP研究所「Voice」08年2月号で「農業が輸出産業になる日」を掲載。

自分の経営課題にあわせたテーマを選び、事業開発のヒントを得てください。その後の懇親パーティーは、全国の農業経営者、そして業界関係者との人脈を広げる絶好の機会です。

2日目には、コメ生産者と野菜生産者の2コースに分かれ、貸切バスで現地視察します。 ──────────────────────────────
現地視察1. 農事組合法人 和郷園(千葉県香取市)
驚異的な成長を続ける和郷園。ゲストの木内代表と組織作りを語り、自分の目で現場を視察する。

■本部内視察:受発注システム、圃場管理システム、冷蔵管理システム、農薬管理システム、残留農薬分析システム、IT通販システム、分荷・配送システム
■リサイクルセンター:牛糞堆肥発酵施設、野菜別発酵肥料製造施設、野菜カット残渣飼料化施設、生活活性水製造製造施設
■冷凍野菜工場:冷凍加工システム(ほうれんそう、小松菜、大和芋)、衛生管理システム
■生産農家:(有)さかき(サンチュ)
■風土村レストラン

taikai2.jpg
──────────────────────────────
現地視察2. 農業生産法人 柏みらい農場(千葉県柏市)
都市近郊で自ら営農的基盤整備を行ない、120haの土地利用型農業を行っている柏みらい農場。その経営を支えているのが、乾田直播と加工ジャガイモを中心とした大規模畑作技術だ。レーザーレベラーなどの実演と解説を通して、農場経営のイノベーションにおける技術の役割を考えたい。

■プラウ作業
■レーザーレベラー作業
■ジャガイモプラント作業

taikai3.jpg
──────────────────────────────

[ 参加料 ] 
定期購読者50,000円(一般参加80,000円)
※受講料、テキスト代、懇親会費、宿泊代、バス代込
※初日のみ定期購読者30,000円(一般参加50,000円)


全国大会のスケジュール詳細につきましては、「農業経営者読者の会」会報No.6(PDF)をご覧ください。



お問い合わせ・お申込はこちら

Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 全て表示