執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME >講演者プロフィール

本誌執筆陣プロフィール

210日(水) 10:00〜18:00

未来のための原点回帰1…キーワード『増収』

基調講演:真の成功者とは~事業者としての夢、その実現のために

作家・元国際線乗務員 黒木安馬氏

高校時に米国留学後、早稲田大学を経てJAL国際線客室乗務員として30年勤務。現在、1日本成功学会社長として自己啓発や社員教育で講演活動を行なう。実体験にもとづく人生成功哲学は定評がある。著書にベストセラー『出過ぎる杭は打ちにくい!』(サンマーク出版)のほか、『成「幸」学』(講談社)、『あなたの人格以上は売れない!』(プレジデント社)、『面白くなくちゃ人生じゃない!』(ロングセラーズ)、『リセット人生・再起動マニュアル』(ワニブックス)、『小説・球磨川』(上下巻・ワニブックス)などがある。本誌「21世紀だ!―人生・農業リセット再出発」の連載は110回を迎える。本講演では、事業者としていかに物事の本質を捉え、夢を実現していくか、成功者の発想法から解き明かしていく。
●関連記事: 連載「21世紀だ!―人生・農業リセット再出発」(00年1月号~)


講演1:増収 ~なぜ西欧に比べ、収量が減っているのか~

農業博士・村井農園代表 村井信仁氏

農学博士。1932年福島県生まれ。55年帯広畜産大学卒業。山田トンボ農機、北農機を経て、67年道立中央農業試験場農業機械科長、71年道立十勝農業試験場農業機械科長、85年道立中央農業試験場農業機械部長。89年北海道農業機械工業会専務理事。現場に即した機械開発と指導で農業経営者の厚い信頼を得ている。著書に「耕うん機械と土作りの研究」など。
●関連記事:93年5月号~98年4月号連載「耕すということ」

講演2:食味と収量を両立する稲作技術

平野農場代表 平野廣明氏

1989年エム・エス・ケー東急機械を退職後、新潟県で就農。経営面積は約22ha。独自ブランドの玄米と精米を県内の米店に出荷するほか、全国に直販している。反収12俵と良食味を両立させ1俵1万5000円で販売。稲の植物生理と水田土壌への理解を深めながら、自分の圃場のデータを取って検証し、オリジナル技術を創り上げていく方法論を解説頂く。
●関連記事:09年12月号特集「増収こそ稲作経営の王道」


映像紹介:麦単作40年の「土地管理型農業」実践(仮)

勝部農場代表 勝部征矢氏

170haの麦単作経営を行う勝部農場では、40年以上の連作を続けている。しかも平均反収約300kgの北海道栗山町で、07年産小麦の平均反収は613kg。適期作業を徹底し、常に作物の根圏を最適環境におく栽培を可能にするのは、自前の基盤整備や特注プラウによる超深耕など、徹底した土づくりの積み重ねだ。自ら標榜する「土地管理型農業」を解説して頂く。
●関連記事:99年1月号農業経営者ルポ「自分の目の中に灯台と顕微鏡を持て」


パネラリスト

『Agrizm』編集長/全国農業青年クラブ連絡協議会会長/(有)信州ファーム荻原農場長
荻原昌真氏 

1979年長野県生まれ。大学卒業後、(有)信州ファーム荻原に入社、現在は農場長。経営面積は水稲40ha、小麦5ha、大豆12ha、ソバ3ha。オリジナルブランド米「やえはら舞」をはじめ、自家製パン・菓子等も販売する。08年から全国農業青年クラブ連絡協議会会長。09年新雑誌『Agrizm』を創刊、編集長。
●関連記事:08年6月号 新・農業経営者ルポ「面白がって生き、失ってこそ与えられる道」

 

211日(木) 10:00〜18:00

未来のための原点回帰2…キーワード『適地適作』『開拓者精神』

基調講演:グローバルな適地適作で『農業は儲かる』

(農)和郷園代表 木内博一氏

1967年千葉県生まれ。農業者大学校卒業後、90年に就農。96年事業会社(有)和郷を、98年生産組合(農)和郷園を設立。生産・流通事業のほか、リサイクル事業や冷凍工場、カット・パッキングセンター、直営店舗の展開を進める。05年海外事業部を立ち上げ、タイでマンゴーとバナナの生産を開始。07年日本から香港への輸出事業スタート。起業わずか15年でグループ売上約50億円の農系企業を築き上げた“事業ビジョンの本質”を、現在本誌で「和のマネジメントと郷の精神」として連載中。「農業が儲からない」構造があれば、儲かる仕組みを自ら作ることを提案し、そのひとつの答えとしてグローバルな適地適作について解説する。
昔から変わらない農業者の使命――「適地適作で食べる人のために最高のモノづくりをすること」を胸に、 現在ターゲット国を拡大準備中。
●関連記事: 連載「和のマネジメントと郷の精神」(08年12月号~)


講演3:マーケットから逆算する農業経営 ~野菜版~

(有)クリアライズ 代表取締役社長 岩瀬弥隆氏

茨城白菜栽培組合の専務を経て、2001年(有)クリアライズを設立。外食中食など加工食品業者のニーズに応じた新種レタスを開発し、需要に応じた量を農家に生産委託・販売している。茨城・長野・山梨など約100軒の契約農家と提携、農産物の企画開発から販売まで手がける「食財」創造企業をコンセプトにしている。


講演4:マーケットから逆算する農業経営 ~コメ版~

(有)穂海 代表取締役社長 丸田洋氏

1974年新潟県生まれ。東北大学機械航空工学科卒業後、エンジニアとして発電機の開発に従事する。2005年に就農、新潟県上越市で(有)穂海を設立。就農当時から工程管理の必要性を感じて07年、日本で初めてJGAP団体認証(穀物)を取得。現在の経営規模は水田15ha、作業受託5ha。販売先は(株)ミツハシが8割を占める。
●関連記事: 09年9月号 特集「GAP導入で農場は変わる」


講演5:マーケットから逆算する農業経営 ~畜産版~

大塚智子氏 (有)秋田高原フード

大学卒業後、商社勤務を経て父が創業した(有)秋田高原フードに就職。母である佐藤信子社長、夫、14人の従業員とともに比内地鶏の育成事業に従事。黎明舎の雛を150日間かけて育成し、HACCP手法を取り入れた食鳥処理により出荷販売している。女性が家業として農業を継いだこと、その困難と夢についても言及する。
●関連記事: 08年8月号 新・農業経営者ルポ「比内地鶏の歴史を創ってきた家族」


全国大会告知ページへ戻る