執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >山形県農機協会
第...

時流 | 農・業界【国内】

山形県農機協会
第82回山形農機ショー開催 来場者数、伸び悩む | 農業経営者 10月号 | (2005/10/01)

第82回山形農業まつり農機ショー(主催・山形県農機協会、山形市、中山町。後援・山形県)が、9月3日~5日の3日間、「21世紀 主役は農業」をテーマに山形県中山町の最上川中山緑地公園で開催された。
昨年は猛暑にみまわれたため、今回は昨年より一月遅らせ、農繁期の開催となった。全国各地から123社の農業機資材メーカーが参加。出展された製品には秋の農作業を意識したものが目立った。販売農家向けに機能や性能面を向上させた製品が揃う一方で、自給用生産者向けに特化した製品の展示もあり、経営規模に合わせた様々な製品が紹介された。

開催初日の来場者数は6万人と好調で、昨年の12万人を大幅に上回る来場者数が予想されたものの、2日目から雨にみまわれ、最終的な来場者総は昨年と同数であった。

今回は、来場者数の減少対策として、家族連れで参加できる農機ショーを目指し、開催初日にはミニSLの運行なども行われた。副事務局長の石川堅司氏は「ミニSLは行列ができるほど盛況だった。子供に連れられ来場した生産者も多いはず」と来場者数減少に歯止めをかけるものとして、その手ごたえを話す。

収穫作業を目前に控えた時期であるため、生産者にとっては必要な製品を探すにあたり、特に関心の高い農機展となった。参加したある農機メーカー担当者は「農繁期の開催となった今回は、昨年に比べ生産者の反応が非常に良かった。質問や説明を聞く姿勢が全く違った」と話す。

同展示会は82年の歴史を持ち、同会場での開催は18回目。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする