執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者取材  > スーパー読者の経営力...  >千葉県東金市 ライ...

農業経営者取材 | スーパー読者の経営力が選ぶ あの商品この技術

千葉県東金市 ライスファームもとごや 鈴木正昭氏が選んだ商品 | 農業経営者 1月号 | (2006/01/01)

pro0601_p.jpg 大手保険会社の代理店業と稲作農業。鈴木正昭氏の2つの”家業”は、実はお互いを補完し合う。鈴木氏は、絶えず挑戦する農業を目指し、自身の水田の欠点を逆手にとった無代かき栽培を始めた。この栽培の総合的経営効果は高く、鈴木氏の挑戦が間違いでないことを証明した。
【経営データ】
■経営面積 / 8ha(コシヒカリ。一部ミルキークイーン)
■労働構成 / 本人、両親
■売り先 / 半分が米屋。もう半分が直売。
pro0601_01.jpg
トラクタ(井関農機(株)「TR633」)

鈴木氏がイセキのトラクタを選ぶのは、けん引力、けん引バランス、そしてロアリンクの剛性が「他の国産車に比べ優れているため」。その違いは、スガノ農機(株)の重い作業機を使うと顕著に表れるとのこと。写真はホイールの63馬力。併用する同じ馬力のもう一台もイセキで、セミクローラ。同じサイズのセミクローラとホイールを使い分けるのは、圃場条件に左右されず効率的に作業をするためだが、機動力を考えるとホイールを中心に作業スケジュールを組むことになるという。

pro0601_02.jpg
ヨーロッパ製ワイドタイヤ(長田通商(株))

ホイールには踏圧というデメリットが付いて回るが、それを軽減するため、ヨーロッパ製超扁平タイヤを履かせ作業させる。購入は輸入商社を通じて。



pro0601_03.jpg
ディスクハロー(スター農機(株)「MTH2400」)

pro0601_04.jpg

鈴木氏が同機を導入したのは、刈り株や刈りワラなどを裁断・混和することで土壌表層での分解を促進させるため。これをプラウですき込み懐の深い作土造成を目指す。構造は、前輪側フレームを八の字に角度を付け、その抵抗で花形ディスクが残かん・土塊を切断し、後輪丸型ディスクが土へ押し込むというもの。鈴木氏は秋の収穫が終わるとすぐに同機を入れ、2~3カ月後にプラウ・プラソイラですき込む。「このあたりは、冬でも温度も雨もあるので、腐食は十分進む」とこと。

鈴木氏の圃場は「泥炭が粘土になったような」土質で、土塊をバーチカルハローだけでは砕土しきれない圃場もある。そうした場所には、写真下のタインをディスクハロー後部に取り付け、圃場をもう一回走らせる。



pro0601_05.jpg
籾殻散布コンテナ((株)七尾機工「もみがらマクーラ MGTO-5D-3P」)

鈴木氏は玄米ではなく籾貯蔵。注文に応じ順次籾摺り・精米する。排出された籾殻は調製施設2階に貯蔵しておく。この籾殻を土壌改良剤として田に散布する際には、写真にあるように籾を天井から同コンテナに排出させ、トラクタに直装して圃場へ向かう。後はコンテナ下部のシャッタを開け、圃場を走行するだけだ。鈴木氏は「動力を使っていないのに均一に散布できる優れもの」と利便性と精度に太鼓判を押す。
※記事全文は農業経営者01月号で
Posted by 編集部 12:29

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする