執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 特集  >代かきの呪縛を断つ

特集

代かきの呪縛を断つ
習慣に固執した経営に未来はない | 農業経営者 4月号 | (2006/04/01)

人は、良いとわかっていても取り組まないことがある。経営を預かればこその慎重さといえば聞こえはいい。しかし、それは昔からやってきた経験を踏襲しているだけということではないのか。

大型機械による踏圧や、ロータリと代かきハローの作業に慣れそれに依存しきってしまっているために、田が昔とは違う条件になっているかも知れない。漏水田が排水不良田になっているかもしれず、ザル田と思っていたところが実は畦畔から水が漏れ出していただけであるかもしれない。

本誌はこれまで、レーザレベラの有効性を指摘し、乾田直播導入の必要性を訴えてきたが、今回はその技術の前提にある「無代かき」の意味を考えてみたい。

耕作放棄地を宝の山にする府県での大規模畑作経営戦略



feature0604_01.jpg

過剰代かきは田の湿田化を進ませる。現在の稲作経営の差し迫った状況を考えれば、代かきを極力控える方向に進むべきであり、その効果を補完する高性能化した作業機を駆使した体系にシフトすべきである。代かきという習慣に縛られていては、経営に発展はない。(以下つづく)

経営を変えた無代かき 乾いた田を湿田に戻す矛盾を正す



feature0604_02.jpg 私は10年以上、無代かきを続けてきた。踏み切った理由は二つある。

一つ目目は、田を固くしたかったからだ。大潟村は、超が付くグライ層が表層以下、土中の大半を占めており、水分が非常に多い。そこを田植機やコンバインが走ると、その度に田が深くなっていくという最悪の環境だった。(以下つづく)
※記事全文は農業経営者04月号で
Posted by 編集部 13:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

>代かきという習慣に縛られていては、経営に発展はない。

そうですかね。
うちは、巧くいってますよ。
一反いくらの売り上げなの?
一般人を惑わさないように。

Posted by 水飲み百姓  2006/04/22 20:26:01

コメントする