執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
08 04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業技術  > “Made by Japane...  >ウルグアイでコメ作り...

農業技術 | “Made by Japanese”による南米でのコメ作り

ウルグアイでコメ作り(5)
乾籾価格200ドル/tで見合うコメ作り | 農業経営者 6月号 | (2006/06/01)

さらにウルグアイでのコメ生産を紹介する。前号では、圃場整備関係の機械の写真を掲載したが、その他のものも見ていただこう。

最高標高500mの平原の国



ウルグアイは標高が最高でも500m程度という平坦な平原が広がっている国である。国土面積は日本の半分だが、山がないため耕地になりえる面積は日本より広い。基本的に湿地が広がるような地域で稲作が行なわれる。かつては世界6位のコメ生産量を誇ったコメの国だが、タイ米の市場拡大により生産量は減少している。
アグリダイアモンド社のあるラ・コロニージャはブラジルとの国境のある大西洋岸の地域であるが、湿地帯で水は豊富だ。新開地であれば灌漑は各農場が自ら開くものであるが、アグリダイアモンド社はすでに開発された農地を買い入れたものだという。用水路を流れる灌漑の水は豊富だ。各圃場への水管理は、労働者がスコップで畦を切ったり閉めたりして行なっていた。彼らは稲の栽培期間中、広い水田の中の小屋に住み込んで、自炊しているのだという。他の仕事がなく、農業労働者の月給が200ドルという低賃金だから成り立つことなのかもしれない。

先月号の記事の通り、同地では、インディカ種の播種量が標準とされて、10aあたり15〜18kgも播いている。しかも、催芽もせず異種籾も混入しているという状態である。にもかかわらず、あきたこまちの田で播種量の過剰は感じられても、きれいに苗立ちしている場所も少なくない。

我われがここで米作りを始めるにあたっては、日本からレーザーレベラを持ち込むことを前提にしている。何をおいても圃場均平の悪さが収穫量の少なさの第一の要因だと思うからだ。

播種については、日本のように気象条件の制約や、隣りの水田や水路から水が浸入してくるというような事がないので、それほど問題はないと考えている。現在、アグリダイアモンド社が所有するジョンディアの不耕起ドリルでも種子選別と催芽、それに播種量を減らすことで十分に対応できる。点播にこだわらなくても面積あたりの播種量を減らすことで収量は上がる。というのがすでにここで試作をしている田牧氏の意見だ。

さらに高い品質や収量を目指す日本国内での経営とは視点を変える必要がある。収量を増やす工夫は当然であるが、我われが今回の経営実験のなかで行いたいことは、ウルグアイで、最小限の投資で低コストに高品質の日本米を生産する目処を立てること。そのために「最高」ではなく「最適」の技術を選ぼうということだ。

収穫調製技術に問題あり



収穫については、使われている直流式コンバインでは如何ともし難い。そこには、日本から汎用コンバインを持ち込む。現状の機械では、20〜30%程度の収穫ロスが出ているようだ。

さらに、同地の乾燥調製は日本の常識では思いもよらない技術レベルである。ユーカリの材木に火を付け、その直火で籾を乾かすため、精米をしても燻製のような臭いがついてしまう。これでは、圃場でどれだけ良質米を生産したとしても、お米としての品質は高めようも無い。その後の調整や選別にも大いに問題がある。

しかし、現段階で我われは、投資が過大になる乾燥調製設備への投資を考えない。それは、もっと本格的な農業投資として行なわれるべきだからだ。初年度目の我われの目的は、まず、圃場生産段階で乾籾重量で平均6tという水準で良質米生産をすること。精米にすればこそ付加価値が上がることは言うまでもないが、他国のコメ生産者と同様に、我われも籾で売って利益の出るコメ生産を経験してみることだ。それも、籾でトン当たり200ドルという最低レベルの価格で利益の出せるコメ作りを実証してみたいからだ。

大きな夢を持ったウルグアイのコメ生産による"Made by Japanese"は、そうした経験の上に実現するのだと思う。

made0606_01.jpg
アグリダイアモンド社の農場にある灌漑水路。水は満々とある。

made0606_02.jpg
芝生のように苗が立つ、播種量15kg〜18kgのあきたこまち

made0606_03.jpg
水管理は圃場に仮小屋に住み込んだ労働者がスコップで行なっていた。

made0606_04.jpg
直流式コンバインに代えて、我われは日本の汎用型を持ち込む

made0606_05.jpg
ユーカリの材木を燃やした直火を当てる乾燥設備では良質商品の生産は無理だ
Posted by 編集部 10:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

buy viagra

Posted by atNalaInessek  2020/10/04 01:25:06

コメントする