執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者取材  > スーパー読者の経営力...  >岩手県花巻市 (有...

農業経営者取材 | スーパー読者の経営力が選ぶ あの商品この技術

岩手県花巻市 (有)盛川農場 盛川周祐 氏が選んだ商品 | 農業経営者 9月号 | (2006/09/01)

pro0609.gif 圃場作り・土作りの思想から機械利用の知恵。紙数の制約から機械選びのすべてを紹介し切れないのが残念だ。ここでは、盛川氏の経営観と機械技術の一端を紹介して、府県の水田転作を本作化するためのヒントにしたい。
【経営データ】 ■ 個人データ / 労働力は盛川周祐氏(54歳)と妻の裕子さん(50歳)、長男の祐君(19歳)の3人。長女の風子さん(22歳)は岩手大農学部の学生。友人をアルバイトに連れてくるリクルーターでもある。
■経営概要 / 経営耕地46ha。水稲9.6ha、小麦25ha、大豆11ha、ソバ1ha。ジャガイモの契約栽培にも取り組もうと計画している。


pro0609_01.jpg
プラソイラDX(スガノ)

pro0609_02.jpg
バーチカルハロー(スガノ)

7月中旬の麦収穫後、すぐに堆肥を撒き、作業幅310B・7本爪のプラソイラDXで約25Bの深さで刈り株を土壌混和。その後、ブロードキャスタで緑肥を播き、250B幅のバーチカルハローで浅く攪拌と鎮圧してクズ大豆を播く。7月末にはもう大豆が芽を出していた。それを9月の中下旬に20インチのプラウで緑肥を鋤込み、バーチカルハローでの砕土・鎮圧して麦の播種床を準備する。
盛川氏は、寒冷積雪地での麦ワラの腐食を促進させるための基本技術として、北海道やヨーロッパの畑作から学んでいる。排水を改善するモミガラ充填や、大きな明渠作りも組み合わされている。



pro0609_04.jpg
溝掘機(PD251・スガノ)

pro0609_05.jpg
12インチ7連のレーザープラウ(LC PQY127H・スガノ)

pro0609_06.jpg
18‐20インチ×2連のリバーシブルプラウ(RQY202C・スガノ )

溝掘機PD251は、50Bのディスクで土に切込みを入れ、プラウ状の掘削部を持ち、深さ25B、幅が地表で25B、溝部で18Bという大きな明渠を掘ることができる。また、バックスコップで掘り上げた土をならしていく。それが4〜6Dの速度で作業できるというのも魅力だ。

2点のプラウは、12インチ×7連のレーザープラウと18‐20インチ×2連のリバーシブルプラウ。盛川さんは18‐20インチの3連リバーシブルも使っている。ボトムプラウは農業の基本となる作業機であり、過度に除草剤に依存しないための必須の条件だと盛川氏は話す。畑作だけでなく、同氏のイネの姿を見てもプラウの価値は疑えない。

写真はないが、盛川氏はこれ以外に作業幅4mの直装式レーザーレベラ(スガノ)を所有し、レーザープラウも使って段差のある二枚の田を一枚にまとめたりもしている。



pro0609_07.jpg
800R、16m片ブームのブームスプレーヤ(BSM830SLT・丸山 )

防除は適期に素早く処理するのが基本。そのために、作物によっては圃場の両端あるいは防除畦を作る。府県の農家には狭い圃場を最大限に使おうとして作業機類の作業能率を落としている人も多い。



pro0609_08.jpg
布製コンテナ(秋太郎・三洋)

籾搬送用の布製コンテナ(秋太郎・三洋)を搬送用としてではなく、粒状の資材や種子の積替え用の手段として使っている。排出量調整ができるので使い勝手が良いのだそうだ。



pro0609_09.jpg
穀類水分計(PM-830-2・ケット)

麦、大豆、ソバなどの水分計測に使う穀類水分計(PM-830-2・ケット)。約10万円する。(以下つづく)
※記事全文は農業経営者09月号で
Posted by 編集部 12:29

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする