執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
12 08 04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >山形県山形市
第1...

時流 | 農・業界【国内】

山形県山形市
第18回全国農業青年交換大会開かれる
全国の農業青年者、山形に集う | 農業経営者 10月号 | (2006/10/01)

さる9月4~6日、山形県山形市にある国際交流プラザを主会場として「第18回全国農業青年交換大会」が開催された。40歳未満の農業者で組織されている各都道府県の農業青年クラブ員が一堂に会し、その知識や技術を相互に交換するとともに、仲間との交流と友情を深め、農業者としての自信と誇りを培うことが同大会の目的。テーマが「燦」の今年はクラブ員約500名、来賓・農業関係者約1500名が参加した。
4日は皇太子殿下ご臨席のもとで開会式があり、その後、各地を代表して、18の若手農業者グループが、日頃の農業経営の中での技術革新や経営努力の成果をプロジェクト発表という形で行なった。

発表された演題は、「大豆新品種の栽培方法の検討」(滋賀県・水口町企業農業者クラブ)、「安心を子供たちへ」(富山県・小矢部農業青年協議会)、「中国河北省三河市にて農業経営を学ぶ」(岐阜県・岐阜地域4Hクラブ連絡協議会)など多岐に渡っており、来場した多くの農業関係者の注目を集めた。

最終日の閉会式における審査講評では、「遅もぎラフランス」について報告を行なった、山形県東根市の農業青年グループ「東根果樹研究会」が最優秀の農林水産大臣賞を受賞。大会宣言、大会旗引き継ぎなどがあって、大会の幕を閉じた。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

tindr , tinder sign up
tider

Posted by Tinder dating site  2021/01/26 16:44:26

tider , tinder sign up
tinder website

Posted by Charlesemich  2021/02/04 09:41:02

コメントする