執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者取材  > スーパー読者の経営力...  >茨城県坂東市 (有...

農業経営者取材 | スーパー読者の経営力が選ぶ あの商品この技術

茨城県坂東市 (有)猿島水耕 會田清 氏が選んだ商品 | 農業経営者 11月号 | (2006/11/01)

pro0611.jpg 新しい技術に積極果敢に取り組むが、決してポイントを外さない。新しい技術の調査のためには、海外へも足を運ぶ。その際、各種装置の理論よりも、その効果だけを直視してきた。その行動力と目利き力が、會田氏の強みである。
【経営データ】 ■ 面積 /  ハウス1950m2。全面積水耕で、ミツバ(1550m2)、ミニホワイトセルリー(400m2)を栽培。
■労働構成 /  社員は、奥さんの里美さんと叔父の會田久生さんを含む計5名。さらに常時7名のパートを雇用。
■取引先 /  一部JAのほか、市場、小売店、外食産業への直販。
pro0611_01.jpg
最初に導入したホシザキ製の電解水生成装置

pro0611_02.jpg
2機目のアイ・ウォーター社製「I-ラジカル」

酸性水は病院や食品加工場などで、消毒、防除、殺菌などの用途に利用されている。會田氏の場合、種子消毒や施設内の防虫防除、出荷時の殺菌などに利用している。厚生労働省で食品添加物として認可されているので、安全性の問題はない。アルカリ水は作物の発育促進に利用しているが、葉面の色つやが鮮やかになるだけでなく、出荷後の鮮度保持にも効果があるという。



pro0611_03.jpg
ネタフィム製「アクアネット」

pro0611_04.jpg
ネタフィム製「ミラクルプラス」
この灌水システム(ネタフィム製「アクアネット」 )は、3~4kg/cm2の水圧で細霧を発生させることができ、コンプレッサーやステンレス配管の必要はない。そのため、導入コストは国産メーカーの製品の半額程度に抑えることが可能。コントローラー(ネタフィム製「ミラクルプラス」 )によって自動化することができ、複雑なプログラムにも対応する。これらは、會田氏がイスラエルの展示会にまで足を運び、見つけてきたものである。



pro0611_05.jpg
細霧ノズル「クールネット」もネタフィム製。このように會田氏のハウスでは、イスラエルの灌水資材が随所に見られる。電解水との併用効果で散布する農薬の効果は向上し、使用量が減少した。



※記事全文は農業経営者11月号で
Posted by 編集部 12:29

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする