執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 特集  >リターンマッチに挑ん...

特集

リターンマッチに挑んだ農業経営者たち | 農業経営者 新年合併号 | (2007/01/01)



先月号の本誌特集は「農業経営から撤退する自由」と称し、農業経営者の退き際論をテーマにした。

様々な事情から農業経営を続けるべきかどうか真剣に悩んでいる読者に向けて、本誌なりのエールを送ったものである。

と同時に、この企画の裏側には「撤退する自由」もあれば「継続する自由」もある、という意味も込めたつもりでもある。

そして、今回の特集では困難に直面し、人生の岐路に立たされながらも、農業経営を「撤退する」ことではなく、あえて「継続する」という選択肢を自ら選んだ農業経営者たち、それぞれの人生を追った。

昨年以上に「再チャレンジ」のかけ声がけたたましく聞こえてくる新しい年を迎える中で、あなたは、リターンマッチに挑んだ3人の農業経営者の姿に何を感じるだろうか―。

数億の負債を完済できたのは太陽と土と、そして家族の力

【本田 和寛 氏 (有)大自然ファーム代表取締役社長】
コブレットを甲斐がいしく差し出してくれたのは、今ではもっぱら家事に専念しているという留美子夫人だった。注がれたオレンジ色の液体は、収穫されたばかりのニンジンを、ほんの数分ばかり前に搾ったものだ。オレンジといっても、燃えるような、挑発的な色彩ではない。春の訪れを告げた南スペインの果実のように、柔らかで、優しいオレンジだった。

「ウチのニンジン・ジュースを飲んだら、9割の人が買っていきますよ」

本田和寛氏(56)のあまりもの自画自賛ぶりに激しく興味を惹かれ、「試飲させていただけないか」とお願いしてあったのだ。 (以下つづく)

時代に挑戦したヤミ米生産者その精神は親から子へ受け継がれて

【家子 憲昭 氏 (有)ピース トータルアドバイザー】
岩手県奥州市江刺区で、「有限会社ピース」のアドバイザーを勤める家子憲昭氏(60)の人生は、まさに闘争の歴史だ。現在、ピースは憲昭氏の長男・秀都氏(33)が代表を勤める。従業員数11名、生産規模は水稲40ha、大豆30ha。年間売り上げ約6000万円の規模であり、ピースの前身「有限会社ライズみちのく」を立ち上げたのが憲昭氏だ。

コメ作りを始めたのは、1978(昭和53)年。そもそもは、水沢市で建設会社に勤めていたが、農業をやっていた両親が高齢になったことや子供の教育のことを考えて、家業を継ぐ決心をした。 (以下つづく)

農業経営者としての誇りと食べ物づくりの理想が再起を促した

【秋川 実 氏 (株)秋川牧園 代表取締役会長】
1997年11月19日、秋川牧園はJASDAQに上場—。農業生産組織としては初の上場企業となる快挙を成し遂げた。同社を率いる代表取締役会長・秋川実氏(74)は、今から30数年前、7億円もの負債を養鶏農協組合の役員の一員として、整理する責を負うこととなり、“経営者失格”の烙印を押された男だった。

にもかかわらず、彼は絶望の淵に落ちることなく、捲土重来を期することができたのだろうのか。そこには、日本の農業を良くしていきたいという思いがあったと、秋川氏は振り返る。

「お袋に連れられて満州から山口に引き揚げてきた時には、戦前に父が買っていた土地も全部国に没収されてしまいました。お袋が着る物もほとんど売り払って、いよいよお金に変えられるものがなくなろうとしていたある日、亡くなっていたのではないかと諦めかけていた親父が、玄関にすーっと立っていたんですね。(以下つづく)
※記事全文は農業経営者01月号で
Posted by 編集部 13:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする