執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者取材  > スーパー読者の経営力...  >福井県福井市 片岡...

農業経営者取材 | スーパー読者の経営力が選ぶ あの商品この技術

福井県福井市 片岡仁彦氏が選んだ商品 | 農業経営者6月号 |  (2007/06/01)

スーパー読者

高い機械化レベルでも投資金額を抑える工夫と人脈



畑作後進地の北陸福井で、持ち前の行動力と技術知識、情報収集能力を活かし、ひとり畑作経営に取り組む片岡氏。そのネットワークの広さは、同氏の人柄が大きく左右しているのかもしれない。新世代の農業経営者のひとりである。(以下つづく)
【経営データ】 ■ 面積/水稲3ha(一部は乾田直播)・大豆15ha(田11ha、畑4ha)・ジャガイモ5ha(畑)
■労働構成/労働力は本人以外はジャガイモ収穫時のパート数名。
大豆用に最近買ったニューマチックシーダ(モノセム) 。条間75cmの4畦にしてあるが、50cm×5畦にしようと考えている。以前はタバタの播種機を使っていたが、耐久性、精度とも格段に上だという。



友人から譲り受けた汎用コンバインACH360(三菱・36ps)。穀類搬送部が二番還元も含めてスクリューオーガではなく、コンベア式のため汚粒にならない。能力的な不満はあるが格安で買っているのでしようがない。



草刈るチ(ニチノー) にタバタの肥料ホッパを付けて、カルチ作業や培土と同時に追肥をできるように自分で改造した。



友人から廃物処理代並の値段で譲り受けた10年使用のコンバインCN475(ヤンマー)。片岡氏の人脈と機械整備の技術知識が、農機投資額を削減させている。



ロータリハロー(アグリック) 。以前はマスキオを使っていたが、このストレートなブレードの方が重粘土でも馬力も食わずに砕土率も高まる。茨城県の菊池鉄工所から20万円で購入。後ろのカゴロータで鎮圧するのも気に入っている。作業幅は2.5m。



ジャガイモはカルビーポテトとの契約で作っている。写真右上は、カルビーポテトの協力も受けて土壌調査をした時の様子。写真上は、本誌が事務局になっているジャガイモ作りの仲間である農業経営革新クラブのポテトハーベスタTPH55(東洋農機)の1台。片岡氏に管理してもらっている。この機械を作期の違う生産者が共同利用している。



※記事全文は農業経営者06月号で
Posted by 編集部 12:29

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする