執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
08 04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者取材  > スーパー読者の経営力...  >神奈川県横須賀市 ...

農業経営者取材 | スーパー読者の経営力が選ぶ あの商品この技術

神奈川県横須賀市 湖水康史氏が選んだ商品 | 農業経営者7月号 |  (2007/07/01)

スーパー読者

規模の大小にとらわれない地勢の長所を活かした畑作経営



小規模である上に起伏が多く、点在していて集約化もままならない農地。厳しい傾斜をアップダウンし、大型機械の進入を拒む狭い農道。そんな条件下であっても、海洋性の気候と、都市近郊の利点を活かした農場経営が、湖水氏のもとで営まれていた。(以下つづく)
【経営データ】 ■ 面積/畑作2.3ha(キャベツ2ha、ダイコン30a、メロン30a、カボチャ40a)。自作地1ha、借地1.3ha。
■労働構成/本人と母の2名。
ハスモンヨトウ対策に設置したフェロモントラップ(武田薬品工業)。ほぼ全域のキャベツ畑に設置している。



マイクロ・スプリンクラー(イーエスウォーターネット) 。防虫ネットとの組み合わせで、キャベツのセル苗の灌水用として利用。スプリンクラーの直下と最遠部に、灌水が行き渡らないのが欠点だという。



マルチの下に埋設する点滴灌水チューブ(ネタフィム)。灌水穴の間隔は20cm。メロン栽培に使用している。



pFメーター(大起理化工業)で、土壌水分量を計測。高品質メロンの栽培には、適正な灌水量が要求される。



ウェザーモニター(デービス)。国産は高価なので、輸入品を秋葉原で探して購入した。パソコン用ソフトを含めて13万円と比較的安価だが、性能はよい。風力計とモニターは基本セットで、雨量計はオプション。湖水氏の圃場は、海岸線の近くで谷が入り組んだ環境にあるため、場所によって海風の影響が大きく異なる。このシステムの導入により、自宅に居ながら圃場の気象状況を把握できるようになった。



(以下つづく)
※記事全文は農業経営者07月号で
Posted by 編集部 12:29

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする