執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
08 04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 編集長コラム  >2月15・16日に読者の会...

編集長コラム

2月15・16日に読者の会全国大会 | 農業経営者 2月号 |  (2008/02/01)

【「農業経営者」編集長 昆 吉則 -profile
事務所移転を機に始めた「農業経営者読者の会」定例セミナーも12月21日の田中正保氏の経営報告で8回目を迎えた。21日には、北海道からの2名を含め、北陸、東北、関東など全国各県から21名の読者が参加した。終了後には、恒例となっている事務所内での懇親会。今年最後の集まりとなった21日は、田中氏の酒米で作った日本酒、やはり同氏の小麦を使い早稲田大学と京都大学が文献を元に復活させた古代エジプトのビール「WHITE NILE」、かぶらすしなどをご提供頂き、読者の会の忘年会として盛り上がった。
さて、本誌及び読者の会では、2月15・16日の両日、千葉県幕張のセミナー会場を借り、「農業イノベーション」をテーマに1泊2日の読者の会全国大会を予定している。詳細に関しては決まり次第メールマガジンあるいはFAXでご案内するほか、本誌ホームページ上や電話等でもお問い合わせいただきたい。

 基調講演は一橋大学イノベーション研究所教授の米倉誠一郎氏。同氏は04年6月号から始まった「視点」欄の第1回目の発言者である(本誌ホームページで閲覧可能)。その中で同教授は「おそらく、自身をニューフェースだと感じている人、変化の兆しを感じている経営者にとっては、膝が震えるくらいのチャンスが来ようとしている。農業が虐げられていたという幻想を打ち砕き、起業家として成功したいという意志が問われている」と語っている。我が国のイノベーション研究および経営史研究の第一人者である。

 米倉教授の講演を受けて、たとえば、「1.腹ではなく心を満たす農業ビジネス」 「2.水稲生産における技術革新と経営展開」 「3.独自品種開発と流通開発で上場する」 「4.マーケットインの農業周辺インフラ」 「5.成功する産地からのネットビジネス」 「6.マーケット本位の生産者組織作りとは?」 「7.Made in Japan から Made by Japanese へ」―などのテーマでその実践者の報告を聞くとともに、あなたの事業や実践を検証していただきたい。そして、翌日はバスに分乗して見学ツアーを行なう。

 米倉教授はイノベーションを遂行する経営者のことを起業家(アントレプレナー)と呼ぶ。農業のイノベーションを実現するためには、「ムラ(業界)に産み落とされたままに生きるのではなく、ムラにいても自ら生まれ直すことのできる者」、すなわち本誌が主張してきた農業経営者の存在が必要なのである。

 農業は今、怒濤のように押し寄せる変化の波に飲み込まれようとしている。先進国では歴史的必然というべき変化を我が農業界では無理に押し止めてきた分、その変化は荒々しく、また一気に押し寄せるのだ。

 もう、「待った」は無い。しかし、その分だけ生まれなおすことのできる者にとってのチャンスも大きいのだ。

 農業を「周回遅れのトップランナー」だという人がいる。でも、現在に立ち止まっている限り時間切れの脱落者となっていく。かつて革新者を自負していた者でも、変化の波の前で逡巡する間に自らの居場所を失ってしまうのだ。

 事業の大小や今あなたがいる場所がどこであるかは問題ではない。農業政策がどうなるかでもない。あなたが、日本での農業イノベーションをどう考えるか、そしてイノベーターとしてアントレプレナーとしてのあなたがいるかどうかなのである。ぜひ、多くの読者および農業関係業界人のご参加をお勧めしたい。
Posted by 編集部 08:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする