執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
12 08 04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >(有)信州ファーム荻...

時流 | 農・業界【国内】

(有)信州ファーム荻原(長野県東御市)
「信州りんご米」を発売
リンゴ堆肥を活用し、顧客のリピート率が向上 | 農業経営者 3月号 |  (2008/03/01)

特栽米ブランド「やえはら舞」を主力商品とする(有)信州ファーム荻原(長野県東御市・荻原慎一郎代表取締役)では、19年産より同商品に「信州りんご米」という名称を新たに冠し、独自の栽培技術のアピールを図っている。 
同商品の生産にあたっては、長野県内にある日本デルモンテ(株)の加工場からリンゴの搾りかすを引き取り、それを堆肥化して圃場に散布した。荻原昌真農場長によると、「食味が向上したばかりでなく、ネーミングのわかりやすさから消費者に勧めやすくなり、リピート率もアップした」という。

商品開発のきっかけは、販促イベントの際に聞いた消費者の声。「信州といえばリンゴのイメージが強いが、コメも作っているとは意外」と言われ、ブランド力の強い信州リンゴを、コメづくりに活用するアイディアを思いついた。また、同社では2007年よりパン工房を開設して、天然酵母を取り扱っており、そのノウハウが発酵堆肥作りにも活かされたという。

同農場長は「ただ特栽米というだけでは似た商品がいくらでもあり、独自性を打ち出す必要があった。今後もリンゴ堆肥を使った栽培技術を磨き、さらなる食味向上や収量アップを目指したい」と意気込んでいる。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

tider , what is tinder
tinder app

Posted by Tinder dating site  2021/01/30 03:56:35

コメントする