執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >(有)小林牧場(山梨...

時流 | 農・業界【国内】

(有)小林牧場(山梨県甲斐市)
肉牛の繁殖事業に着手
経営の安定と品質管理の徹底を狙う | 農業経営者 3月号 |  (2008/03/01)

(有)小林牧場(山梨県甲斐市・小林輝男代表取締役)は、従来の肥育部門に加え、繁殖部門を立ち上げる。これまでは静岡県の三島市場で生後2ヵ月ほどの子牛を買い付けていたが、価格変動による経営への影響を考慮、また生産履歴のより一層の明確化を目指して、事業の拡大に踏み切った。
同牧場では、およそ5haの敷地で、黒毛和種×ホルスタインの交雑種1350頭を飼育。ワイン製造の際に出るブドウの搾りかすやハーブを配合した独自の飼料で2年間肥育し、「甲州ワインビーフ」というブランドで販売している。

月あたり60~70頭の子牛を仕入れ、三島市場では年間の最多購入者として知られていたが、昨今の飼料費高騰などを背景に子牛の仕入れ価格が不安定化。子牛は1頭10~20万円ほどするため、年間数百頭を仕入れる同牧場にとって、相場の変動は大きなリスクをはらむ。これにどう対応するかが、経営上の課題となっていた。

一方で同牧場は、生産情報の開示にいち早く取り組み、自社ホームページに生産履歴の検索システムを導入するなど、食の安全を追及してきた。2004年には生産情報公表JASの認定を受け、消費者からの厚い信頼を得ている。

今回の繁殖部門の立ち上げには、多頭飼育のリスクを軽減し、さらに商品の品質管理を一層強化させる狙いがある。

ハード面では、2000万円を投資し、繁殖専用の牛舎を農場内に新設する。母牛120頭前後を収容し、当面は年間100頭前後の子牛を自社生産する。将来的にはその比率を高めていく見込みだ。「甲州ワインビーフ」は、ワインの生産量日本一を誇る山梨県で、そのネームバリューを活かしたユニークなブランド牛肉。くさみがなく、柔らかな肉質が特徴で、山梨県内のホテルやレストランのほか、地元の直売店などでも取り扱われている。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする