執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
08 04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者取材  > スーパー読者の経営力...  >茨城県古河市 荒川...

農業経営者取材 | スーパー読者の経営力が選ぶ あの商品この技術

茨城県古河市 荒川一幸氏が選んだ商品 | 農業経営者 3月号 |  (2008/03/01)

スーパー読者

品質で顧客の心をつかみ、おもしろおかしい農業を



都市近郊型農業を実践する荒川一幸氏は、経営委譲をきっかけに直売へ着手する。折しもパソコンの普及時期と重なり、ネット販売を通じて顧客層の拡大も図られた。とはいえ、荒川氏は販路や販売量の増大にも足元を見失わない。品質に重点を置いたその経営手法は、状況がいかに変化しようとも最後まで貫いた。
【経営データ】
■ 面積/水稲6.4ha。畑作20ha(ソバ20ha、大麦12ha、ジャガイモ8ha)。ソバは、熱海や兵庫、宇都宮などにあるそば屋と直接契約。ジャガイモは、カルビーポテトとの契約栽培。
■労務構成/夫婦とアルバイト2名。ジャガイモの収穫時期にはパートを6名。
乾燥機はすべて金子農機製。使いやすさを統一したかったので同じメーカーにしたという。バーナー循環タイプが4台に、遠赤外線タイプが1台。受託作業をしている20~30aの生産者に1つずつ割り当てるような具合で使用している。「コメには遠赤外線がいいが、反対にソバは量が少なかったり、水分が多いと皮がむけるのでよくない」



水稲の収穫に使用するクボタ製コンバイン「エアロスター/AR70」。キャビンのないタイプだが、これについて荒川氏は「キャビンはいいようで悪い。異物が入ったときに手で取れず、一度降りなければならない。そういう意味でキャビンは壊れる原因ともいえる」と話す。また、農業高校の出身でもある荒川氏は、エンジンをばらしたり、機械の実技をちょっと勉強しただけと謙遜するが、「以前はコンバインなんかも農閑期に全部ばらして整備していた」と語る。そのおかげかコンバインを引き取ったユーザーが「荒川さんのなら大丈夫」と耐用年数を過ぎてから3年ほど長く使用できたという。



2007年に導入したばかりのクボタ製6条田植機「NSU67」。「有機肥料の側条施肥と除草剤の散布が田植えと同時に行なえるため、作業効率が良くなった。ただ、肥料の粒状が大きいことから側条施肥機との相性が悪く、予定量が落ちなくて苦労した」



大麦とソバの播種に使用する小橋工業製10連プランタ「ND24-10」。「大麦とソバを輪作するので、大麦へのソバの混入を抑えるため、大麦の播種幅を狭くしている。この機種だと鎮圧ローラーが駆動軸として作動するため、8月の土が乾燥した時期にソバを播種すると、土をローラーで引き込んで種子が落ちなくなるのが欠点」



(以下つづく)
※記事全文は農業経営者03月号で
Posted by 編集部 12:29

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする