執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
12 08 04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >長野県南信農業試験場...

時流 | 農・業界【国内】

長野県南信農業試験場(長野県高森町)
夏信州でも夏秋イチゴの新品種
果肉カット面を赤くし洋菓子需要に対応 | 農業経営者 4月号 |  (2008/04/01)

高単価であると同時に、国内需要の大きい夏秋イチゴについて、各地で技術革新が進められている。

長野県南信農業試験場(長野県高森町)は、同県内の夏秋イチゴで主力品種となっている「サマープリンセス」の欠点を克服し、生産量の拡大を見込める新品種を開発した。
もともと同試験場が開発した「サマープリンセス」は果肉が白く、カットして利用することの多い洋菓子需要に対しては、見栄え上不向きな問題を抱えていた。そこで同試験場では、2002年より新品種の開発に着手。「サマープリンセス」に果肉の赤い「紅ほっぺ」を掛け合わせ、カット利用にも適した新品種を作り出した。品種名まだ決まっていない。

同試験場の木下義明研究員は「小玉になりやすい傾向があるので摘果をした方がよいが、収量はサマープリンセスとほぼ同等。ランナーの発生が多いので増殖させやすく、またサマープリンセスで発生していた白ろう果がほとんど出なくなった。苗の供給体制を整えた上で、2009年度以降に普及させていきたい」と語る。

長野県内の夏秋イチゴは、主に標高1000m以上の冷涼地で栽培されている。高原野菜で有名な川上村などを中心に約7.5haで作付けされており、そのうちの9割ほどを「サマープリンセス」が占めている。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする