執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 特集  >原料高・価格低迷の中...

特集

原料高・価格低迷の中での農業経営 | 農業経営者 8月号 |  (2008/08/01)

特集
各種報道で「国産農産物の需要が高まっている」の文言が飛び交っている。たしかに国産志向は強まってはいるようだが、それを実感できている読者はどれだけいるだろうか。価格が買い手主導で決められることに不満を持っていないだろうか?燃料代・肥料代等経費が増えて原価割れ寸前の事態に危機感があるではないだろうか?未来は、今ここにある課題を乗り越えた先にある。

本特集は野菜価格低迷時代に向き合い、挑戦していくためのヒントを提示したい。

第1章 ルポ 価格低迷に何を思い、どのように対応するか


「苦しい」「でも、やらなければ」……。経営は、複雑な思いが交錯するものだ。そして今、半ばやせ我慢しながらも、課題と受け止め、試練を乗り越えようとする農業経営者たちがいる。その姿を追った。

第2章 座談会 生産と流通・小売が対等であるには


価格競争に明け暮れていた流通・小売業界。「安ければいい」という呪縛から抜け出す必要があるが、そのパラダイムシフトを実現できるかどうかを流通・小売業界の今を知る川一男氏、緒方知行氏にうかがった。

流通・小売への異論、反論&オブジェクション!


農業現場では、信頼関係で結ばれていなければならない流通・小売に対する不満が募る一方である。直接クレームをつけるべきことであるが、なかなかそうもいくまい。そこで主に野菜・果樹生産者である本誌読者を対象にファックスアンケートを行ない、今考えていることを聞いた。

(以下つづく)
※記事全文は農業経営者08月号で
Posted by 編集部 13:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする