執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者コラム  > ヒール宮井の憎まれ口...  >中年の主張「ものづく...

農業経営者コラム | ヒール宮井の憎まれ口通信

中年の主張「ものづくりとは……」 | 農業経営者 3月号 |  (2009/03/01)

【宮井 能雅 -profile
経営者コラム

ほとんど実りのないフランスのファームショー


そこそこ儲かった農家はこの冬、どこに遊びに行こうか、などと考えているのかもしれない。決して多くはないが、北海道の一部の農家たちはこの冬の期間を利用して、海外ツアーに出掛ける。 ある者は東南アジアの快春ツアー、ある者はヨーロッパ、そしてほんの一握りの者だけが米国に出掛ける。まったく寂しい話だ。正直なぜ農業の勉強のためにヨーロッパに行く必要があるのだろう。

たとえば隔年で開催され、本年は2月22日からパリ郊外、シャルルドゴール飛行場そばで行なわれるシーマショウが有名だ。確かに室内で行なわれるファームショウとしてはドイツ・ハノーバー・アグリテクニカの次に大きなものではあるが、残念ながら得るものがない。この魅力のないシーマショウになぜか3回ほど行ったが、収穫は限りなくゼロといえるだろう。なぜか? それは簡単だ、フランス人が運営しているからだ。

たとえばインターネットが普及する前に、10名くらいで初めてシーマに行った時にやはり何か感じるものがあった。それはこいつらがフレンチ(インチキ)くさいということだ。

一緒に行った数名が興味のある機械メーカーのブースに名刺を置き、後ほどパンフレットを送ってもらうように頼んだ。だが、パンフレットを送ってもらった者は私の知る限りゼロ。いかなる理由で郵送しないのかはわかりかねるが、ゼロは足しても引いてもかけても、ゼロはゼロにしかならない。それが、ドイツ・ハノーバーで同じようにパンフレットの郵送をお願いすると50%の確率に上がる。米国のファームショウでは90%の確率でパンレットが郵送される。昨今のインターネットの普及で資料請求などというアナログ的行為は廃れてきているが、対人間心理の行動パターンとしては面白い結果だと思う。

(以下つづく)
※記事全文は農業経営者03月号で
Posted by 編集部 12:28

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする