執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 特集  >農場を魅力ある“遊び...

特集

農場を魅力ある“遊び場”に変える「ファーミング・エンタテインメント」とは | 農業経営者 12月号 |  (2008/12/01)

特集

食と農の乖離を問題視して、「地産地消」「食育」などが叫ばれている。若干スローガン的な臭いがあることは否めないが、お客様の地域の食や農、生産体験に触れる機会を求めるニーズが高まっているのは明らかだ。にもかかわらず、まだ農業経営者は、そのニーズに応え切れておらず、かつそこにビジネスチャンスがあることに気付いていない。そこで本特集では、先行事例を紹介しながら、農場を遊び場とし、観客に楽しさを提供するビジネスの方向性とその可能性について提示していきたい。

■2321人対象のアンケートから判明!!9割が関心あるガーデニング、野菜作り、土いじり

一般消費者と呼ばれる層は、ファーミング・エンタテインメントにどのような関心を抱いているのか?本誌はインターネット上でアンケートを実施した。すると編集部が予想した以上に、多くの人々が農業体験を望んでいることが明らかになった。彼ら彼女たちが望んでいるものとは?データから読み取ってほしい。

■コラム 農場が提供できる価値 生活者が求める手ごたえをどれだけ用意するか

博報堂生活総合研究所(東京都港区)は、社会の深層構造の変容とそれに伴う、日本人の生き方と生活の方向性を示唆する『生活動力』を毎年発表している。今年1月に発表された『生活動力2008』(博報堂刊・8400円)は手と身体を動かす生活を望んでいるという消費者(生活者)の変化欲求を明らかにしている。嶋本達嗣所長に話を聞いた。

■事例紹介 新規顧客を呼び込むエンタメ農場

農業経営者の中には農場のテーマパーク化を理想とする方もいる。開設の前提条件として、一定規模を要すると思い込んでいる節も多いが、そうではないだろう。どんな娯楽を提供できるか、事例を踏まえて考えてもらいたい。

■農業体験農園 “開業”前に知っておきたい法制度

農業のエンタテインメント化を感じながらも経営規模や農地法、税負担の問題がはっきりしていないため、躊躇する方もおいでであろう。そこで、本稿では農業体験農園の形態を分類し、開業にあたっての条件や特徴、メリットを紹介する。

(以下つづく)
※記事全文は農業経営者12月号で
Posted by 編集部 13:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする