執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 特集  >世界の農業長者
総...

特集

世界の農業長者
総資産9兆、ビル・ゲイツを超えた!
33人の成功ストーリー日本初公開!! | 農業経営者 3月号 |  (2009/03/01)

特集

農業の時代だ!と言われつつ、農業がどれだけ儲かるのか誰も知らない。ITの時代が来たのは、IT長者が突如現れて世界中の優秀な若者達が憧れ、次は我こそと高みを目指したからにほかならない。頂が高ければ裾野は広がる。「儲からないけど、農業は大事だ」では、孤高の精神しかうまれない。精神論をビジネスにしても、誰も寄り付かない。世界の頂はどこにあるのか、はっきりさせようじゃないか。農業をもっとメジャーにするために! 

●PART1
13人の農業ビリオネア!
——10億ドル突破への道のりと野望、これから

個人資産10億ドル(約1兆円)以上の長者を指す「ビリオネア」は、世界に1125人いる(米フォーブス誌調べ2008)。農業ビジネス界からは13人がランクイン(遺産相続を加えると21人)しているが、彼らはいかにしてこの大台を突破したのだろうか? その道のりと野望、これからを一挙網羅する。
・ 世界“農業”長者番付———13人の資産総額3兆1000億円、ニッポンの農水省予算を超える!

●PART2
“新興”農業長者17人の立身出世物語

経済発展と農ビジネスの国際化を背景に、中国、ロシア、ブラジルで農業長者が次々と登場している。欧米農業経営者も負けじと果敢に新天地に進出し、ビリオネアへの道を進む。国は違えど新興長者の「成功の鍵」は共通する。勇気と技術と近代経営だ。

・中国——11人の中国農業長者が持つ総資産は1兆円を突破する
・ ロシア——共産主義「コルホーズ」から資本主義「アグリビジネス」へ
・ ブラジル——農業超大国ブラジルで国際的な農地争奪戦が始まった
・ 英国——自由化、農産物輸入急増で岐路に立つ英国農業経営
・ニュージーランド——補助金ゼロで農業強国のビジネススタイル

●PART3
農業長者の老舗米国5富豪の素顔

・ 穀物王——同族企業で売上13兆円、遺産相続額4兆円
・ポテト王——「アジア人の主食をコメからジャガイモに変えてやる!」
・ピスタチオ王——夫の投資、妻の商売センス、夫婦で農園を次々とブランド化
・農地王——「メディア・IT長者は農地がお好き」な理由

(以下つづく)
※記事全文は農業経営者03月号で
Posted by 編集部 13:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする