執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME >2011年09月

購読申込み
読者の会

第57回7月8日『農業経営者』読者の会 定例セミナー (2011/09/01)

「リンゴのピンクレディーに学ぶ 農産物の知的財産権管理 」


【講師/((有)安曇野ファミリー農産代表取締役  企業組合日本ピンクレディー協会代表理事 中村隆宣(なかむら・たかのぶ)氏】

◆セミナー参加者の「声」をご紹介します。

農産物のブランドを立ち上げる際の実際の話が聞けて有益でした。それが世界レベルで確率されて、管理されているのは興味深い。話がとても聞きやすかったです。ピンクレディがゼスプリやドールやサンキストのようにポピュラーなブランドになることを期待。
(女性)


大変有益なセミナーでした。国際的な視点を持たれており、大変勉強になりました。今後のセミナーには、先進的な経営を行っているコメ生産者の方を希望します。
(女性)


海外品種の日本での生産、ブランド管理に関して、大変参考になりました。スーパーの店頭で「ピンクレディ」がみられるようになる日を楽しみにしています。
(男性)


有益なセミナーでした。農業へのIT活用に関心があります。
(横浜市/男性・63歳)


微細に渡る苦労話などが大変勉強になりました。ピンクレディを是非、贈答用などを含め広めたくなりました。食の安全、放射能問題に関心があります。
(男性・41歳)


>第57回定例セミナー参加者アンケートより



セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
読者の会

第61回 12月2日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内 (2011/09/01)

セミナー音声配信

※満員御礼※

海外で農業をやりたい人集まれ~中国で農場経営と食品加工をやりませんか~(仮)


【講師/邱 永漢(きゅう・えいかん)氏】
なぜ今、中国で農業なのか? そのポテンシャルは? 現場の実態は? そして、日本の農業経営者、関連企業だからこそ果たせる役割とは? ニッポン、アジアを中心に時代の大転換を誰よりも早く予見してきた邱永漢氏が独自のビジネス・歴史認識をもとに、語り尽くします。自身が雲南省で2003年から経営するコーヒー園事業の実体験のほか、長年、投資家と関わっている中国の農業・食品関連企業の豊富な事例紹介とともに、邱永漢氏が率いる新たな農場開発プロジェクトについて呼びかけをしていただきます。この機会をお見逃しなく。

邱 永漢
講師プロフィール
1924年3月台湾台南市に生まれる。1945年9月東京大学経済学部卒業。1946年〜1954年台湾・香港にて銀行員・貿易商など国際舞台の第一線で活躍。1954年日本に住む。1955年小説「香港」にて第34回直木賞を受賞。以来、作家・経済評論家・経営コンサルタントとして知名度が高く、また自分でも多数の会社を運営している。現在、webサイト「ハイQ(http://www.9393.co.jp)」を主宰。主な著作は日本経済新聞社刊「Qブックス」全25巻、 「西遊記」全8巻など。
(写真撮影:村越 将浩)

日時:2011年12月2日(金)15:00〜18:00
場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
※定員に達しましたので締め切りました。
会費:一般参加の方は5,000円、『農業経営者』定期購読者の方は無料になります。
※ 今月号より、年間購読のお申込をいただいた場合も受講料は無料となります。

セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから

セミナー参加者からの喜びの声



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
購読申込み
読者の会

第60回 11月18日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内 (2011/09/01)

セミナー音声配信

でかい農業から、人と人とをつなぐ楽しい農業へ


【講師/(有)こうざき自然塾代表取締役 鈴木一司(すずき・かずし)氏】
鈴木氏は、かつて5人の生産者とともに農業生産法人「こうざきグリーンサービス21」を指揮して、コメ、大豆、小麦、ジャガイモなどの生産・販売を拡大していたリーダーだった。ピーク時で作付面積80haという大規模経営を実践してきた。ところが3年前、会社と農地を手放しゼロからの出発を図る。それはホンモノの農作物をつくり、楽しい農業がしたいという動機による。楽しい農業とは何なのかをご講演いただく。

鈴木一司
講師プロフィール
1951年千葉県香取郡神崎町生まれ。94年、こうざき自然塾を設立。95年、地元農家5人が集い、農業生産法人(有)こうざきグリーンサービス21を設立、代表に。国の「21世紀型水田モデルほ場整備促進事業」を機に、2000年から専業農家へ。05年、こうざき自然塾を法人化。08年、経営方針の相違から生産法人代表を退任し、一農家に戻る。現在、“つなぐ”をポリシーに農業・食づくり体験イベント事業を実践中。作付面積は約30ha。

●鈴木一司氏は月刊『農業経営者』の下記の記事に登場しています。

・「新・農業経営者ルポ」
でかい農業から、人と人とをつなぐ楽しい農業へ

・「スーパー読者が選ぶあの商品この技術」
千葉県神崎町 こうざきグリーンサービス21代表 鈴木一司氏

日時:2011年11月18日(金)16:00〜18:00
場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
会費:一般参加の方は5,000円、『農業経営者』定期購読者の方は無料になります。
※ 今月号より、年間購読のお申込をいただいた場合も受講料は無料となります。

セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  | 全て表示