執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 読者の会  >【農村経営研究会】農...

読者の会

【農村経営研究会】農村経営視察会 第1弾「みわダッシュ村」 (2014/03/18)

【農村経営研究会】農村経営視察会



 【農村経営研究会】事務局からのご案内です。農村経営研究会では、農村経営視察会の第一弾として京都府福知山市三和町の「みわダッシュ村」を訪問することになりました。会員向けのご案内ですが、一般の方のご参加も受け承ります。

1人当たりの【視察参加費】は
農村研究会会員:無料
会員の同伴者:5,400円(税込)
会員以外の参加者:32,400円(税込)
※交通費・宿泊費・懇親会費などは視察参加費には含みません。

  「農村経営研究会」の会員である、「みわダッシュ村」”村長”の清水三雄氏歳)は、京都市内在住のまま京都府福知山の過疎地域に耕作放棄された農地を取得し、自ら農地を開墾し、「一口農場主」を募り、開村して10年で既に 8,800万円分の農場主が集まっています。会員は1株(100万円)の「モニター 農場主」、3株(300万円)の「個人農場主」、さらに法人向けのメニューも提供されています。出資をした農場主は毎月米や野菜の有機農産物を受け取るこ とと共に、宿泊チケット(年間2名)や滞在して農業体験を望む会員に対しては無料での宿泊場所を提供しています。その他、「みわ・ダッシュ村」が主催する様々なイベントにも参加できます。

「みわ・ダッシュ村」への来場者は年間5000人を超えるようになり、職員としてそこに移り住み定住した家族もいます。当然のことながら地域の活性化に大きな役割を持つようになりました。

 「みわ・ダッシュ村」の事業理念は
●耕作放棄地を優良農地に変える
●完全無農薬・無化学肥料の有機栽培をする
●過疎地・限界集落の活性化
の三つです。会員たちはその理念に共感して参加しています。

農村経営研究会では、農村経営というテーマに多くのヒントと可能性を示唆している「みわ・ダッシュ村」にて、4月2日、3日に夜の懇親会を含めて一泊の視察研修会を開催します。

遠方からの参加者を想定して一泊としていますが、日帰りでの参加も可能です。
“村長”である清水三雄氏の話の中からその理念と成功の秘密を探りましょう。

「みわ・ダッシュ村」に関しては、『農業経営者』2014年2月号「新・農業経営者ルポ」で紹介しています。
多数の皆様のご参加をお待ちいたしております。

【農村経営研究会】事務局

miwa_1.jpg

【スケジュール】
  4月2日(水)
11:45 京都駅前集合
(参加申込された方には追って詳細をご案内します)
12:00 マイクロバスにて「みわダッシュ村」に移動
13:30 「みわダッシュ村」到着
13:45 清水村長からのご挨拶と解説
14:30 「みわダッシュ村」を見学
16:00 研究会ケーススタディ
17:00 研究会終了
17:15 「三和荘」へ移動
18:00 「三和荘」宴会ホールにて懇親会
20:00 終了

4月3日(木)
08:00 「三和荘」にて朝食
09:30 「みわダッシュ村」へ移動
10:00 「みわダッシュ村」にて自由行動
11:30 バスにて京都駅に移動
13:00 解散
※スケジュールの多少の変更はご了承下さい。

 宿泊につきましては、「みわダッシュ村」から車で3分ほどの「三和荘」を予定しています。
事務局よりまとめて予約いたします。

「三和荘」 〒620-1443 京都府福知山市三和町寺尾権現4番地
http://www.tanba-miwa.net/miwaso/

実費料金はおおよそ以下のとおりです。
【お一人様あたりの実費料金見積り】
宿泊参加(懇親会・朝食を含む):11,600円 (税込)
日帰り参加(懇親会まで):6,500円(税込)
貸切バス料金:約6,000円

※懇親会は飲放題です。
※貸し切りバスは、京都駅⇔「みわダッシュ村」往復料金(高速料金を含む)です。 ※参加人数により1人当たりのバス料金は変わりますので、申込後に追って 詳細と参加費合計をお知らせします。
※日帰りの方のバス代は半額です。最寄りのJR綾部駅までタクシーで20分、JR綾部駅からJR京都駅まで特急電車で65分要します。こちらの実費はご自身でお支払いください。

お申し込みは、3月25日(火)までにお願いたします。

miwa_2.jpg


お申込はこちら




Posted by 編集部 15:55

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする