執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 読者の会  >【農村経営研究会】20...

読者の会

【農村経営研究会】2017年第2回定例会のご案内 (2017/03/10)

【農村経営研究会】2017年第2回定例会のご案内


今回の定例会には岩手県西和賀町の高橋明さん(やまに農産(株)常務取締役)に「風土の恵みで地域事業を興す」をテーマにお話ししていただきます。

今、ワラビ餅が人気のスイーツとして注目されています。でも、そこで使われているワラビ粉のほとんどすべてが中国などからの輸入品で、申し訳程度に国産のワラビ粉を混ぜているという代物です。

高橋さんは全国でも二か所しかないワラビ粉の生産者なのです。しかも、高橋さんは“幻の”とも形容してもよい国産ワラビ粉を地元の三軒の菓子店に供給し、ワラビ粉だけで作った「本ワラビ餅」をはじめとした各種の菓子を作っているのです。西和賀の風土の中から生まれた原料だけでなく、その加工品も地元のお菓子屋で作り、地元優先で販売するという取り組みをしているのです。

風土への愛着と誇り、その風土の恵みを原料としてその加工品を作り地元優先で販売する。それこそ農村経営のテーマとして取り上げるべきことと考え、今回のテーマとしました。

やまに農産(株)では水稲、鉢物生産の他、ワラビを含めて西和賀の風土の中にあるサルナシ(コクワ)、マルメロ(カリン)、カスス(クロスグリ)、ブルーベリー、ハックルベリー、イチジク、イチゴなどを栽培し、それらをジャムやソースとして加工販売しています。また、良質なワラビが取れる地域としての有名な西和賀の地で観光ワラビ園の経営もしています。また、やまに農産では高橋氏の奥様で代表取締役の高橋医久子さんを中心に過疎化、高齢化の進む西和賀地域に総菜生産や仕出しなどの業務にも取り組んでいます。

warabi.jpg

岩手県でも最も豪雪地域と言われる西和賀町にあるやまに農産(株)の経営理念は「『大地より富を見いだす』(富みとは、お金・利益の他にやりがい・充実感・幸福感などを意味します。)農地を守り、有効活用し、地域の特性を生かした農業をします。また、農業を通して地域に貢献し、地域活性化の一翼を担います。」というものです。

やまに農産(株)ホームページ

実は西和賀は私の故郷。40年以上昔に地元の古老からワラビ粉を作った話を聞いたことがありますが、「取れる粉より何倍も腹の空くくたびれ仕事だった」と言っていました。 今でこそ、機械化も進み、加工場もできましたが、高橋さんは観光ワラビ園での取り組みを発展させて古老と同じような苦労をしながらワラビ粉作りに取り組んできたのです。

以前、本誌で日本の風土神たる神道でお祭りする榊がほとんど中国産であることを指摘するとともに八丈島で榊生産に取り組む奥山完巳さんのことを取り上げ、セミナーでお話をしていただいたことがありました。その後、奥山さんの取り組みは多くのメディアで取り上げられ、今では奥山さんを中心に国産榊生産者の会が作られ全国各地で改めて榊栽培に取り組む人たちがいます。

伝統の産品を復活させることにとどまらず、今という時代であればこそ、風土の恵みやそこに住む人々の力を生かした新しい農村づくりの形があり得るのではないでしょうか。

農村経営研究会メンバーに限らず、農村経営の新しい可能性を考えている皆様のご参加をお待ちいたします。

農村経営研究会
事務局長 昆吉則

関連記事
『豪雪の中山間地だからの風土の恵みで商品・サービス開発』

yamani.jpg

【日時】2017年3月31日(金)
定例会 14:00~17:30

【会場】 シチズンプラザ 2F会議室
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-29-27
     http://www.citizen-plaza.co.jp/access/

【当日の会費】
農村経営研究会会員(1名様):無料
会員同行者(1名につき): 5,400円 (税込)
一般参加者:1人目 10,800円、2人目より 5,400円 (いずれも税込)

お申込はこちら




Posted by 編集部 10:43

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする