執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 編集長コラム  >“豊かさの中の敗北主...

編集長コラム

“豊かさの中の敗北主義”を超えて | 農業経営者 8月号 |  (2003/08/01)

【「農業経営者」編集長 昆 吉則 -profile
「海外からの輸入圧力によって日本の農業が滅ぼされる…」という農業界お定まりの議論は、そろそろ根本的に認識を改めるべきだ。日本の農業界は、外圧によってではなく安楽椅子にへたり込んだまま自滅への道を歩んできたと言うべきだからである。

自らがどれだけ恵まれた条件や能力を持っているかを考えようともせず、ただ被害者意識ばかりをつのらせて、行政や政治への依存度を高めるばかりの農業界であったからだ。それが農業に寄生する政治家や行政や農業団体組織あるいは関連業界などの農業関係者に利権を与えてきた。農家とてもそのこぼれに与ってきたわけであるが、それはむしろ糖尿病患者に砂糖を与えてより事態を深刻化させるようなものであった。農家が自ら困難に立向かう精神の健康さや未来にチャレンジする事業者としての成長することを阻んできた。
“日本農業を守れ”という空虚なシュプレヒコールをあげながら、日本村、農業村の中に引きこもり、誇り無く、いわば似非の弱者を演じることで保護を求め、また、そのことが農業関係者の思考を内向きでひ弱で想像力の無いものにしてきてしまったのだ。

しかし、冷静に時代を見つめて見れば、国内外を問わず、日本の農業あるいは日本人の農家であればこそ、多様な発展の可能性があることに気付かないだろうか。今月号では農産物の輸出を中心に、海外に視点を移した日本農業の可能性を特集として取り上げた。

以前にも書いたが、セーフガード問題がかまびすしく語られた頃に、筆者は韓国で日本向けにナスを作っている農家を訪ねた。たくさんの日本の農家が彼のハウスに“敵状視察”に来たというその農家はこう話してくれた。「海外からの農産物輸入に日本の農家が神経質になるのは理解できるが、ヨーロッパにはすでにEUができているのですよ。アジアもそんな時代になるのではないでしょうか」

こんな話題を語れる農家と言わず農業関係者が、日本にどれだけいるのだろうかと考え込んでしまった。そして、完全に日本は負けていると思った。これは筆者の偏見に満ちた想像である。視察と称する団体観光旅行に行った日本の農家たちは、むしろ韓国や韓国の農家を自分たち(日本人や日本)より遅れた存在、あるいは上から見下すような気持ちで、そのナス農家に出会ったのではないかと思う。そして、彼らは、彼らの本来の目的であるソウルかプサンの繁華街にオネーちゃんを漁りに行ったかもしれない。

その頃には、すでに福岡の市場で国産より韓国産のミニトマトの方が高値を付けることも珍しくなくなっていた。日本の農家は、価格ではなく品質において韓国の農家に負けるケースも珍しくは無かったのである。その中でのセーフガード騒ぎだったのだ。

こんなゲスな想像ができてしまう日本の農業界の“豊かさの中の敗北主義”はもうそろそろ止めにしよう。さらに、海外から日本市場に農産物が入ってくるのは日本の市場が高く売れる市場だからだ。しかし、目をアジアに転じて見れば、日本以上に高級な農産物を求める市場がアジアの各地に出来つつあるのだ。日本農業は、もうそろそろ国境を越える形で村を飛び出すべき時代なのだ。

また、一部を除けば外食業や量販店などの食に関する企業もまた、海外にチャレンジをしてこなかった。日本の発明品で世界の流行になっている回転寿司も海外でそれを経営するのは中国人か韓国人が多いのだそうだ。農業界と同様にそんなリスクを背負わずとも国内に恵まれた市場があったからだ。しかし、そうしている内に、特殊だと言われてきた日本の小売業界に欧米の小売業が進出して着実にその地位を得つつある。

今、日本の和食は世界の食文化となりつつある。また、“カレーライス”を典型に様々な国に由来するメニューの日本的改良・開発、外食業における様々な業態開発、あるいは惣菜業などの食のサービス開発もある。それはアジアと言わず世界に求められる食文化として通用するものだろう。また、農業界でも、イチゴや果樹などの海外への種苗流失が日本農業を脅かすと言われてきたが、それを怖れるより、日本の高い技術能力を持つ生産者とともに海外に出て、世界商品を目指す時代なのではないだろうか。

さらに、日本の優れた農業技術や農業経営者と日本の様々なノウハウを持った消費業界とが力を合わせれば、世界の食の市場で大きな役割を果たす存在になるとは思えないだろうか。力のある農業経営者であればこそ、国内の第一農場に加えて海外での農業生産を考える時代がもう始まっているのだ。それが、本誌の語る「メイド・イン・ジャパンからメイド・バイ・ジャパニーズへ」の考え方なのである。
Posted by 編集部 08:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする