執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 提言  > 視点  >酒蔵の危機感、農家の...

提言 | 視点

酒蔵の危機感、農家の資格 | 農業経営者 6月号 |  (2005/06/01)

【漫画家 尾瀬あきら】
view0506.jpg かつて「夏子の酒」(88年連載開始)を描くにあたり、ある蔵元を取材した。その蔵では戦後消えてしまった酒米、稲穂にしてわずか10本ほどを探し出し、地元農家の理解を得ながら、少しずつ増やして純米吟醸酒を造った。

実際に栽培に協力した農家にも話を聞いた。自分が作ったコメが新酒に生まれ変わる手応え、結果が実感できるやりがいを彼らは語っていた。
「復活米」への取り組みについては、最近、方々で耳にする。酒蔵と農家の連携は戦前まで当たり前だったわけだから、人間のやりがいとは、ちょっと昔に戻ることなのかもしれない。

農業を覆った無気力・無関心



高度経済成長は酒の世界を変えた。大手酒造会社が大量生産した酒が全国に出回り、小さな蔵は大手の真似や下請をせざるをえなくなった。今でも蔵元や杜氏は減り続けている。頑張っているのは、危機感と情熱をもつ一部の蔵だ。

また、人間をダメにするものは無気力や無関心であり、そのことは農業に端的に現われている。農家個々の問題でもあるし、減反に見られるように、政治が農家からやる気を奪ったとも言える。機械化で作業は楽になっても借金は膨らみ、農産物輸入はなし崩し的に拡がった。その流れの果てに休耕田が広がっている。

状況を変えられるのは、まったく新しい形で酒造りを極め、あるいは農業に参画しようとする人たちではないか。それが「夏子の酒」で私が描きたかったことだ。

酒もコメも人間の才能が生み出すものであり、ポリシーをもって良い酒を造っている蔵元には、多くの若者が働きに来る。「この蔵で酒造りがしたい」という素朴で当たり前の感情が彼らを動かす。

私が取材でうかがった有機農業を実践する農家の元にも、研修生が次々とやってくる。経験を積み、周囲にも認められ、就農に至るケースが増えている。むしろ今ではそれらの人が町のリーダーシップを担う程に成長してきている。

独自の手法と思想を



漫画の中で私は、これからは農家にも「資格」が必要だと書いた。百姓に生まれるのではなく、百姓になっていく。そのための資格をつかまなければ、農業を続けられないという意味だった。何がなんでも有機栽培を、と言うつもりはない。大切なのは、農業の本質的な思想を確立し、自分の規模に合わせた独自の手法を手に入れることだ。

復活米は、酒蔵が農家に依頼して作ってもらう場合が多い。本来は逆で、農家自らが優れた酒米を見つけ出し、蔵元に持ち込むべきなのだと思う。農家こそがコメの専門家なのだから。
(インタビュー・まとめ 秋山基)
尾瀬あきら(おぜ あきら)
1947年7月生まれ。京都府出身。71年デビュー。「夏子の酒」は、亡兄の意思を継いだ若き主人公が、実家の蔵元に戻り、一握りの「幻の酒米」から最高の日本酒を造り出すまでの物語。コメ作りの描写を通して農村が抱える諸問題もあぶり出した。他に「酒の戦記」「知識ゼロからの日本酒入門」「さらに極める日本酒味わい入門」などの著書がある。
Posted by 編集部 11:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする