執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >(有)いわき小名浜菜園(...

時流 | 農・業界【国内】

(有)いわき小名浜菜園(福島県いわき市)
カゴメ(株)が10haのトマトハウス竣工完全稼動時出荷額13億円見込む | 農業経営者 9月号 | (2005/09/01)

カゴメ株式会社(本社・名古屋市)が出資・支援する国内最大規模トマト溶液栽培ハウス、(有)いわき小名浜菜園(福島県いわき市・小林継基社長)が竣工、8月1日より出荷を始めた。
総面積は約10haで、総工費は約33億円。すべての施設を稼動した場合の出荷総額は年間13億円を見込んでいる。代表の小林氏は、カゴメから出向している。

同菜園で栽培されるのは、カゴメ独自の品種「こくみブランドトマト」で、ロックウール溶液を使用する。電解質ミストの殺菌と天敵による防除で農薬使用を最小限にするほか、着果促進に在来種のクロマルハナバチを利用するなど、環境への配慮も重視している。 

独自に設定した規格を満たしたトマトは、カゴメが全量を買い取り、規格外のトマトについては加工品や市場流通を検討している。

国の補助金を利用せずに建設されたハウスには、オランダからの資材が並び、こうした輸入資材を使うことで3~4割コストを抑えている。

小林氏は、株式会社の農業分野への参入が本格化しようとする中での同事業の位置付けを「地権者である農家との話し合いで土地を集約する方法では決して実現できない」と話し、大規模化する国内農業に企業が果たす役割の意義を訴えた。

過疎地域の振興や、雇用創出を図る自治体からの誘致を前提としなければ成立しない企業の農業参入。その背景には、「大手企業がやって来ると聞き、地価や借地料を吊り上げることばかりに固執する農家との交渉が障害になっている」(大手ゼネコン)との声もある。

9月2日にはオープニングイベントが開かれる。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする