執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者取材  > スーパー読者の経営力...  >千葉県神崎町 石橋...

農業経営者取材 | スーパー読者の経営力が選ぶ あの商品この技術

千葉県神崎町 石橋いちご園 石橋一博氏が選んだ商品 | 農業経営者 10月号 | (2005/10/01)

pro0510_p.jpg バイクレースのメカニック上がりの石橋一博氏。その発想と開発力は発展途上の高設栽培のシステム作りに生かされた。現在、イチゴ栽培のマニュアル化を試み、販路を直売にシフトすることで蕫記憶に残る﨟イチゴの作り手を目指す。
【経営データ】
■経営面積 / イチゴ(とちおとめ): 25a(ハウス土耕20a、高設ベンチ5a)。コメ:1ha
■労働構成 / 本人、母、親類、シルバー人材など臨時雇用数名
■売り先 / イチゴ:市場出荷(一部直売)コメ:直売、農協出荷
pro0510_01.jpg
自作高設栽培用耕うん機

ホームセンターで購入した家庭用ミニ耕うん機をベースに、高設ベンチ用に改造したもの。プラスチック製のまな板を円形に切り出したものを前輪のガイドとし、ベンチの幅に沿って走行させる。このガイドは、ベンチ幅に合わせ自在に調節でき、ベンチの端にホールドするため、収穫後土の中に根が張った状態でも、機械の暴れを最小限に抑えることができる。

また自ら溶接して作ったフレームと前部に取り付けたウエイトで重量を持たせ、安定した走行を可能にしている。ベンチのビニールを傷つけないように、耕うん爪のサイズ・位置は設計されている。高設栽培キットを共同開発した種苗店を通し注文が殺到しており、過去10台販売、現在も数台製作中。



pro0510_02.jpg
静電噴口(みのる産業(株)「FS-10」)

噴霧する霧に高電圧をかけて帯電させ展着性を上げる。既存の動噴に装着するだけで、現行の薬剤と同じ希釈で使用できる。石橋氏はこれまで、背負い式の動噴で各列(条)ごとの散布をしていたが、同機を導入することで、効果を下げず3~4列の同時散布ができるようになった。時間を短縮できる上、薬液を3割減らすことができるとのこと。

現在は固定式動噴に100mのホースをつなぎ使用する。同機は毎週欠かさない液肥の葉面散布にも効果が高い。ハウス前には、ホームセンターの特売で1個500円で購入したガイドローラが埋められており、これにホースを引っかけると散布作業は一人でできる。



pro0510_03.jpg
液状有機肥料(森六(株)「FE-40」)

5kg入りの有機資材を4本、黒砂糖30kg、水を80リットル加え、稲の株元の土(光合成細菌)を入れ醗酵させる。仕上げに納豆とヨーグルトを入れろ過する。タンクには100リットル入っており、これでおおよそ1シーズンもつ。
※記事全文は農業経営者10月号で
Posted by 編集部 12:29

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする