執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >(株)親愛コーポレー...

時流 | 農・業界【国内】

(株)親愛コーポレーション( 滋賀県草津市・中村章生社長 )
異業種からコメビジネスに参入 民間育種米「夢いっぱい」の権利取得 | 農業経営者 9月号 | (2006/09/01)

(株)親愛コーポレーション(滋賀県草津市)は、民間育種米の種子販売および収穫したコメの販売事業に本格参入する。同社は7月、肥料卸およびコメの育種を手がける(株)中島美雄商店から同社の所有品種「夢いっぱい」の育成者権を独占的に利用する権利(占有権)を取得。来期から、滋賀県をはじめとするコメ農家への種子販売事業を開始する。
親愛コーポレーションは、企業コンサルティングやIT事業、整体施術(マッサージ)の店舗運営といった健康事業など多角的な事業を展開している。農業分野での事業参入は今回、初めてとなる。

中神章生社長は「健康事業の一つとして、コメを扱うビジネスには以前から関心があった」と話す。

同社ではすでに、草津市内でおにぎりショップ「夢いっぱいDE夢ごこち」を8月にオープン。夢いっぱいのアンテナショップとして位置づけ、消費者ニーズを把握しながら品種のマーケティング戦略を策定していく考えだ。同時に、大阪市内の米穀店も買収するなど、販売網の構築も進めている。

品種の占有権を譲渡した中島美雄商店は「“米”ではなく、“ごはん”の形で消費者に供給するルートを持っている企業との提携を考えていた」(久保井修営業部長)と語る。

両社は、ともに取引銀行であるびわこ銀行が主催する異業種交流会を通じて出会い、商談を重ねて契約に至った。今後、「夢いっぱいDE夢ごこち」や買収した米穀店を通じ、「夢いっぱい」とともに中島美雄商店が取り扱う「夢」シリーズのコメを販売していく予定。

「夢いっぱい」は、適度な粘りと柔らかさが特徴。2003年に中島美雄商店が三菱商事の子会社植物工学研究所から育成者権を継承し、種子販売およびコメの流通を行ってきた。山形県、宮城県、滋賀県などで作付けされ、約5万俵が流通している。

今後、中島美雄商店が販売する種子の売り上げに対し、品種の占有権を持つ親愛コーポレーションがロイヤリティーを受け取る構図となる。

新事業の展開に当たって親愛コーポレーションは、夢いっぱいの占有権を担保にびわこ銀行をはじめとする3つの金融機関から合計3億円の融資を受けている。イネの育成者権は種苗法に基づいて制度化された知的財産権。夢いっぱいの市場性の高さやロイヤリティー収入が見込めることなどが担保価値として評価され、融資の決め手になったという。中神社長によると、「農業関連で知財権を担保にした融資はいままでに例がない」。

一方、中島美雄商店にとっては自社保有のコメ品種の占有権を譲渡するのは今回で3社目。久保井部長によると「これからもお互いメリットがあれば異業種を含め、他社への譲渡は十分ありえる」と話している。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする