執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
12 08 04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >群馬・野菜くらぶ

時流 | 農・業界【国内】

群馬・野菜くらぶ
収穫祭、盛況に終わる
一般消費者が収穫を体験 | 農業経営者 11月号 | (2006/11/01)

秋晴れとなった10月21日、�野菜くらぶ(群馬県利根郡昭和村・代表取締役 澤浦彰冶氏)に出荷する生産者が所属する任意団体「醸成会」の主催で、野菜くらぶ収穫祭が開催された。
この収穫祭には、群馬県を中心に関東各県から訪れた150人の一般消費者のほか、取引先・関連業者約90人、生産者約100人が参加。毎年10月中旬に開催されており、今年で6回目の開催。

「農業と触れあえるのが楽しい」という参加者には、サツマイモやダイコンなどを収穫体験する機会を用意。さらに、野菜くらぶの従業員による漫才、こんにゃく積みなどといったゲームでもてなした。

また、昼食では、豚汁、おにぎり、意外なところではトムヤムクンなども無料で参加者に振舞った。 意外にもこれまでしていなかったが、今回始めて生産者が作った味噌などの加工品の販売も行なった。

「収穫祭は、消費者に現場を知ってもらう場であると同時に、従業員や生産者が、消費者とコミュニケーションできる場でもある。イベントの準備は大変な面もあるが、消費者をもてなすことで、その後の作業に対する意識も変わるようだ」(野菜くらぶ取締役・毛利嘉宏氏)と話す。

参加した消費者は「普段できない体験ができて、楽しかった」と、掘りたてのダイコンを手にしながら嬉しそうに話していた。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする