執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者取材  > スーパー読者の経営力...  >千葉県君津市 (有...

農業経営者取材 | スーパー読者の経営力が選ぶ あの商品この技術

千葉県君津市 (有)ベジコス代表取締役社長 久我智之氏が選んだ商品 | 農業経営者3月号 | (2007/03/01)

スーパー読者

31年間の経験と技術を結集した最先端のガラス温室



千葉県君津市を拠点にし、経営規模を拡大し続けてきた「カズサの愛彩グループ」から、また新たな会社と経営者が誕生した。最先端の大面積温室を任された新経営者は、グループ代表者との血縁もなく、農家出身者でもない。ものづくりに情熱を燃やす元ホテルマンだった。(以下つづく)
【経営データ】 ■ 面積/2000坪(約66a)のガラス温室でローメインレタスを栽培。
■労働構成/社員2名、パート4名。
■取引先/東京青果ほか。
■URL/http://www.kazusa-aisai.net/
pro0703_01.jpg
水耕パネルは、パネルフレッシャー(ネポン)で熱水処理を施す。薬品を使用しない殺菌法は、薬害の発生を抑えるだけでなく、コスト的にも優れている。



pro0703_02.jpg
厳しい衛生管理のもと、自動定植機(ユーワ) によってローメインレタスの苗をセットしていく。ベジコスの主力商品であるローメインレタスは、播種後45~80日で収穫を迎える。



pro0703_03.jpg
ガラス温室天井部の開閉や、エアビーム(フルタによる温室内の送風など、圃場環境を制御するシステムは全自動。刻々と変化していく気象条件に対応して、作物の生育にとって最適な空間を維持管理している。



pro0703_04.jpg
出荷調整ミスをチェックする機能が付いた最新機器、スーパーラッパー(大森機械工業)で、徹底した商品管理と省力化を実現している。



pro0703_05.jpg
1日あたりの出荷数は平均2000株、400ケース。自動梱包機(ナレッジ)を活用している。同グループの商品開発に対するコンセプトは、市場から売って下さいと頭を下げにくる商品を生み出すことである。そのためホームページによる情報公開や、レシピの開発などにも積極的に取り組んでいる。

※記事全文は農業経営者03月号で
Posted by 編集部 12:29

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする