執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
08 04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >東北土を考える会

時流 | 農・業界【国内】

東北土を考える会
直播栽培技術の実証中間検討会を実施
岩手県内の乾田直播圃場を視察 | 農業経営者 10月号 |  (2008/10/01)

「東北土を考える会」(日野杉雅彦会長)は8月23日、岩手県盛岡市で直播栽培技術実証中間検討会を実施した。同会メンバーが取り組む乾田直播の成果を検討すべく、花巻市の盛川農場(盛川周祐代表)と紫波町の水分農産(西田守代表)の農場を視察した。

はじめに参加メンバーは、盛岡市内で同日に開催されていた「岩手県全国農業機械展示会」に集合。展示会の見学をした後、視察農場へ車で移動した。

ヒメノモチの生産で知られる水分農業の西田守代表は、今年初めての乾田直播の挑戦だったが、会のメンバーとの情報交換やスガノ農機の支援を受け、一年目から見事な生育を実現。栽培初期は低温などの天候不順で生育が危ぶまれたものの、天候の回復とともに持ち直し、その生育ぶりからは移植栽培以上の収量・品質が見込まれた。現地視察後、メンバーは花巻市の志戸平温泉で懇親会を行ない、翌日解散した。

同会では、9月上旬にも青森県中泊町と秋田県大潟村の圃場で現地検討会を計画している。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする