執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 提言  > 視点  >分からないのか、分か...

提言 | 視点

分からないのか、分かろうとしなかったのか | 農業経営者 6月号 |  (2009/06/01)

【(有)アグセス 代表取締役 岡本信一】
視点 私は長年農業現場でコンサルタントをしてきたが、その依頼のほとんどは「まともに作れないから助けてくれ!」という内容である。生産がまともにできなければ経営は成り立たない。私は依頼に対して、これまでの経験を生かし解決を図ってきた。しかし、生産に関連する様々な数値の指標が有効に活用できたことがほとんどなく、ジレンマを感じてきた。

経営に意味ある指標なのか?



たとえば、土壌pHという土壌化学性の代表的指標について。作物にはそれぞれ最適な土壌pHがある。しかし、pH改善を行ない、その指標内に収まったからといって、収量や品質が必ず上がるわけではないし、どの程度良くなるのかも分からない。土壌化学性のあらゆる指標も同様である。指標こそ存在するものの、収量や品質が良くなるのか、悪くなるのか、分からないのである。

土を考える上でもうひとつの要素である物理性に着目しよう。土壌物理性に関しては、これまで排水性を良くして耕盤層を破砕し、作土層を確保する、といった指導を行なってきた。では、それをしたからといって本当に良くなるのか、どの程度良くなるのか、答えることができない。技術や資材の投入においてもしかり。

さらに、農業における基本的な生産能力である「地力」を、客観的な基準(定量的な数字)に置き換えることもできていない現状がある。

だが、地力=基本的な生産能力を数字に置き換える、他産業では当たり前のことができなかったのは、農業経営者あるいは私のような農業にかかわる人々が「ほかの多くの要因があるから」ともっともらしいことを言って、答えを導き出す作業を怠ったからである。

農業技術は、限界がきている。劇的な収量増はもはや望めない。地道な改善が必要だ。しかし、数字に置き換えなければ、これら微妙な数字の変化をとらえることができず、本当に改善がなされたのか、投資に見合ったリターンが得られているのか、把握することができない。

産業化とは定量化である



農業経営者が、農地で農産物を作ると決めても、どの程度の収量を得られるか作ってみなければ分からない、という段階では農業の産業化の道は険しい。だが、私たちは今、いくらかの賛同者とともに「必要な収量を必要な時期に必要な品質で得るには、何が、いつ、どのように、どのくらい必要なのか」を数字で明らかにする作業に取り組んでいる。困難な挑戦だが、糸口はつかめつつある。本当の意味で農業が産業化していくには、このような取り組みが必須であり、農業の持続的な発展につながると信じている。
(まとめ・紺野浩二)
岡本信一(おかもと しんいち)
1961年東京都生まれ。日本大学文理学部心理学科卒業。北海道・埼玉での農業研修の後、派米農業研修生として2年間の農業研修。パイオニアハイブレッドジャパン(株)勤務を経て、1995年農業コンサルタントして独立。1998年(有)アグセス設立、代表取締役。
Posted by 編集部 11:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする