執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2020
04
2019
12 11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME >2009年06月

購読申込み
読者の会

第38回 8月28日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内 (2009/06/01)

セミナー音声配信

これも農業!!私の顧客は動物園


【講師/(有)クローバーリーフ 代表取締役社長 西窪武氏(にしくぼ・たけし) 】
京都府南山城村。バス会社すら撤退した山奥の山村で、全国で2つとない飼料ビジネスを展開する(有)クローバリーフ。売るものは「動物園の飼料」。無農薬で育てた牧草を刈りとり、ユーカリ、樫、竹などとともに届けるというビジネスだ。「誰でもできそう」などと思ったら大間違い。そこには食うや食わずの苦闘から生まれた経営哲学と工夫があるのだ。

西窪武氏
講師プロフィール
1949年京都府生まれ。68年京都府立木津高校農学科卒業後、酪農業の法人に就農。その後1年間米国の農業実習に参加。帰国後独立して乾燥牧草ビジネスを開始する。84年から京都市動物園に生の牧草を納入して事業が本格化。現在は大阪・天王寺動物園など全国12ヵ所の動物園と取引がある。年商約5000万円。
日時:8/28(金)16:00~18:00
場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
会費:一般参加の方は5,000円、『農業経営者』定期購読者の方は無料になります。
※ 今月号より、年間購読のお申込をいただいた場合も受講料は無料となります。

□■□■□■お知らせ■□■□■□■□

●講師の西窪氏がTVに取り上げられます。

・放映日
2009年8月16日(日)18:30~

・番組
「夢の扉」
『動物園の動物に食を通じて元気になってもらい、
繁殖にもつながるようにしていきたい』/西窪 武

予告MOVIE


●講師の西窪氏には、若者向け農業雑誌『Agrizm(アグリズム)』  で取材協力していただきました。

・掲載号
『Agrizm』9月号(創刊1号・7月16日発売)

・掲載ページ
種まく人たち ─農業で生きる、親子の肖像画─
「伝える」ものと「伝わる」もの
父・西窪 武 息子・西窪大助

『Agrizm』の内容・購読申込はこちら
公式ホームページ



セミナー参加者からの喜びの声

セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
読者の会

第37回 8月7日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内 (2009/06/01)

セミナー音声配信

数字を利用した農業革命~他産業では当たり前の定量化を農業で~


【講師/(有)アグゼス 代表取締役社長 岡本信一(おかもと・しんいち)氏】
農業が他産業と同様の経済性を得るためには、数字による合理的管理が必須だ。しかし従来の農業技術では限界があり、数字を元にした技術に実用性はなかった。「必要な収量を、必要な時期に、必要な品質で得るためには、何が、いつ、どのように、どのくらい必要なのか」を数字で明らかにするJuncropシステムについて開発者の岡本信一氏に解説頂く。

岡本信一氏
講師プロフィール
1961年東京都生まれ。日本大学文理学部心理学科卒業。北海道と埼玉での農業研修の後、2年間の派米農業研修を経てパイオニアハイブレッドジャパン㈱入社。95年農業コンサルタントとして独立。98年(有)アグゼス設立。農業関連メーカーの技術顧問、農業法人や食品メーカーのコンサルタントを兼任している。
日時:8/28(金)16:00~18:00
場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
会費:一般参加の方は5,000円、『農業経営者』定期購読者の方は無料になります。
※ 今月号より、年間購読のお申込をいただいた場合も受講料は無料となります。

セミナー参加者からの喜びの声

セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
*編集部より

農業経営者7月号発行遅延のお詫び (2009/06/01)

弊社の不手際により、2009年7月号の発行が遅延いたします。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

このようなことの無きよう最善の努力をいたしますので、御容赦いただきますようお願い申し上げます。


なお、2009年7月号(161号)の発送日は、6/3(水)となります。

株式会社農業技術通信社 『農業経営者』編集部

Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  | 全て表示