執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME >2013年10月

購読申込み
読者の会

コンバイン収穫作業実演と水田での子実トウモロコシ生産に関する検討会のご案内 (2013/10/24)

[ 開催日]

20131030日(水)
13:00〜17:00


[水田農業イノベーション]

コンバイン収穫作業実演と水田での子実トウモロコシ生産に関する検討会

秋田県大潟村の宮川正和氏圃場及び秋田県農業研修センター



 先に岩手県花巻市の盛川農場での開催をご案内しておりました水田転作田での子実トウモロコシのコンバイン収穫作業実演と子実トウモロコシ生産に関する検討会は台風のために中止とさせていただきましたが、改めて10月30日午後1時より、秋田県大潟村の㈱正八(宮川正和社長)の水田で行うことになりました。水田経営者、畜産・酪農経営者および関係機関の皆様のご参加をお呼びかけいたします。

 宮川氏の圃場でのトウモロコシ播種は、播種時期が遅くなったために、収量的には想定より少ないことが予想されます。それでも、宮川氏の圃場でのコンバインによるトウモロコシ収穫作業は盛川農場に次いで府県では史上二例目の記念すべき実演です。今回の検討会では、北海道長沼町で先んじて水田転作地での子実トウモロコシ生産に取り組んでいる柳原孝二氏((有)柳原農場)、花巻市で取り組んだ盛川周祐氏 ((有)盛川農場)、宮川氏のトウモロコシの需要者となる予定の大塚智哉氏((有)秋田高原フード)や飼料メーカーにもご参加いただくことになっております。

 圃場では、コーンヘッダを装備していない麦・大豆仕様のニューホランド社製コンバイン(NH TC5070)による収穫作業の実演をご覧いただきます。さらに会場を秋田県農業研修センター(大潟村東1丁目)に移して検討会を行います。

 検討会では、水田転作地での子実トウモロコシ生産の技術的課題とともに、水田経営者が子実トウモロコシ生産に取り組むための経営課題、さらには水田農業経営の中に子実トウモロコシを含む飼料穀物生産導入の課題、及び物流コスト最小化のために地域飼料需給実現に向けて必要な政策的対応、あるいは関連業界による技術開発などに関しても話題にしてまいります。

 現在、我が国では穀物トウモロコシを100%海外に依存しており、その内、飼料としての需要量は約1,000万トンです。それは油脂類や他の飼料穀物の輸入とともに我が国の食料自給率を低下させている大きな要因です。アジア・アフリカ諸国の経済成長に伴い、今後、世界的な穀物需給の中でもっとも逼迫の可能性のある作物がトウモロコシです。そのトウモロコシを国内それも地域で物流コストをかけずに需給を実現する。それが今回の取り組みのテーマです。

 そして穀物としてのトウモロコシ生産を取り込むことでの水田経営のイノベーションを実現し、ひいてはコメ生産のコストダウンをはかる。同時に、畜産・酪農家にとっては海外の作況や為替変動による飼料価格高騰による経営不安を防ぎ、あわせて食料自給率向上に結びつけていくことはできないでしょうか。

 1960年代中頃以来、我が国での穀物としてのトウモロコシ生産は実質的にゼロです。その結果、我が国の畜産・酪農は輸入穀物に依存した加工業という性格になっています。安い飼料穀物が潤沢に入ってくる時代はともかく、昨年のような海外産地での不作や為替の変動があると我が国の酪農・畜産経営は大きな経営的打撃を被ります。

 しかし、我が国の農業界には穀物トウモロコシを国内生産するという発想がありませんでした。ところが、これまでに取り組んだ実績でも温度条件の低い北海道の中で比較的条件に恵まれた地域であれば反収800kgの収穫が可能であり、府県で品種選択や施肥、播種時期、栽植密度などの技術が確立されていけば、海外のように1トンどころか1.5〜1.8トンといった反収水準も可能になるかもしれません。さらに北海道でもフランスなどで広く使われているマルチングプランタを使えば反収1トンも現実的な目標になります。仮に反収1トンで現在の減反面積に相当する100万haに子実トウモロコシを作付できれば、国内の飼料総需要、約1,000万トンの国内自給も可能になります。水田とは言わずとも耕作放棄された草地や畑は幾らでもあるわけですから。

 一方、現在の米消費量は約700万トン。それはやがて600万トン、500万トンと減っていく可能性があります。その時、有り余る農地に何を作るのですか?作って過剰にならない作物は飼料用のトウモロコシを除いて何があるでしょうか。しかも、その生産は畜産・酪農家が購入可能な価格で供給でき、国民が納得できる政策的支援のレベルで実現するものでなければなりません。


 乾田直播による水稲生産のコストダウンに取り組み、転作大豆に高能率な播種機を使用する経営者であれば、同じ技術体系でトウモロコシ生産が可能です。そして、トウモロコシは麦や大豆などと比べてはるかに資材費や労働費が少なくても生産が可能なことから、投下貸本あるいは投下労働力当たりの収益で言えば、麦や大豆より収益が上がる可能性があります。手間がかからなければ規模拡大も容易です。現段階では水田飼料作向けの交付金3万5,000円があります。さらに、反収の向上を目指し、物流費をかけずに地域の畜産・酪農家への供給が実現すれば、輸入トウモロコシと経済的にもひけを取らないレベルで国内・地域自給できる可能性があります。

 現段階で各地の飼料工場に入るトウモロコシのkg当たり単価は30数円です。これに飼料工場での加工賃と国内物流コストと流通マージンがかかります。これは昨年のトウモロコシ高騰を反映した価格です。実際の畜産・酪農家が購入する配合飼料価格は60円台、70円台にまで達しています。それなら現段階の生産レベルでも現実性が出てきています。少なくとも、現在の10a当り8万円あるいは9万3,000円というような交付金を付けて行われ、しかもトウモロコシより飼料価値の低い飼料米やWCSの生産と比べれば、財政負担も少なく、国民に理解の得られる水田農業による飼料供給の姿が実現します。それに、国内生産されるトウモロコシは100%nonGMOのトウモロコシであり、消費者ニーズにも応えるものです。

 この取り組みが一般化するためには、地域単位の飼料工場の設置や国産普通型(汎用)コンバインにトウモロコシ収穫への適応性を持たせる改良も必要です。また、個々の経営者によるチャレンジだけではなく、政策的な支援も必要です。

 現在、子実トウモロコシ生産に取り組む農業経営者は全国でも10人もおらず、面積も全国でせいぜい20ha程度です。しかし、この取り組みはきっと日本農業を変革することにつながるでしょう。一人でも多くの水田経営者、畜産・酪農家、農業機械や飼料その他のメーカー関係者、行政や農協あるいは試験研究機関やメディアの方々のご参加をお待ちいたしております。

syuukaku.jpg

[開催概要]

コンバイン収穫作業実演と水田での子実トウモロコシ生産に関する検討会
開催日時:10月30日(水) 13:00〜17:00
実演会場:秋田県大潟村の宮川正和氏圃場
検討会場:秋田県農業研修センター
(秋田県南秋田郡大潟村東1丁目1 電話:0185-45-3111)
集合場所:秋田県農業研修センター前
参 加 費:3,000円(検討会場で資料代として承ります)
主催:『農業経営者』読者の会・㈱農業技術通信社

現地では主催者がマイクロバスの用意を致しますが、圃場との移動には自家用車で ご参加の皆様にご協力をお願い致します。

宿泊希望の方は、大潟村内にあるホテル・サンルーラル大潟に直接予約をお願い致します。
サンルーラル大潟:大潟村北1−3 電話:0185-45-3311

[参加費]

・参加費+資料代:3,000円(当日検討会場で承ります。)


お申込はこちら

Posted by 編集部 | 10:15 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
購読申込み
読者の会

農場視察セミナー『農業経営者』編集長と訪ねる日本の農業現場 第4回開催 (2013/10/23)

農場視察セミナー



『農業経営者』編集長と訪ねる日本の農業現場
大小を問わず日本農業の現在を示唆する多様な農業・農村経営の現場を訪ねてみませんか?


『農業経営者』編集部は日本の農業に大きな可能性があり、それも日本という社会、日本農業や農村であればこその可能性を確信しております。最近特に様々な個人の方や企業の皆様より、農業で企業したい、農業事業に取り組みたいというご相談が増えております。
そこで、農業をやってみたいと考えている方や、起業や新事業開発を考えていらっしゃる皆様を主な対象として、農業経営の現場を視察しつつその意議と多様な日本農業の可能性を学ぶ『農通農業塾・農場視察セミナー』を開催いたします。視察には『農業経営者』編集長の昆吉則が解説役として同行致します。 皆様のご参加をお待ちいたしております。

──────────────────────────────

■第4回視察セミナー
水田農業イノベーションの実際を現地に観る
農地は借り手市場に変わる。問題は規模拡大を実現する技術的課題

11月13日(水)に第4回目の農場視察セミナーを開催します。

 水田農業あるいはコメ生産のコストダウンのために多くの農業関係者は、規模拡大あるいは農地の集積の困難さが問題であると語ります。しかし、それは本当でしょうか。農地の貸借はすでに貸し手市場から借り手市場に変化している地域も少なくありません。規模拡大や農地の集積はやがて問題ではなくなります。しかし、仮に規模拡大や農地集積が可能になったとしても、それだけでは稲作経営のドラスティックなコストダウンはできないのです。ところが、規模拡大の結果だけではない水田経営のコストダウンを実現するイノベーションに取り組む農業経営者たちが登場し始めています。

 今回ご紹介する水田経営者の話題は、行政関係者や農業経済学者が語る農業問題の一般論とは異なると思います。しかし、あと数年もすれば水田農業は彼らのようなイノベーションを実現できるものでなければ経営的に成立できなくなるでしょう。彼らの取り組みとその課題を知ることは、農業関連業界人の今後の事業展開を考える上で極めて重要であり、行政関係者や農業問題を考える企業人にとっても、語られている農業問題とは違う先端的経営者の実際を知ることにつながるはずです。

 今回の視察セミナーでは、千葉県柏市の(有)沼南ファーム(橋本茂社長)と(有)柏みらい農場(染谷茂社長)という二人の水田経営者を訪ね、水田経営の規模拡大や農地集積についての現状と課題を知ると共に、先端的農業経営者が取り組む水田経営イノベーションの実際を紹介解説します。同時に、関係者のご協力を得て、水稲生産のイノベーションの核となる技術である代かき・田植えをしない乾田直播の作業実演をご覧いただく機会を作りました。水田経営の新しい可能性を知る機会として多くの皆様のご参加をお待ちいたします。

 今回の視察先のひとつである千葉県柏市の(有)沼南ファーム(橋本茂代表)は稲麦を併せて100ha弱の経営です。作業エリアは約200haに及びますが、数年後には「沼南ファームがその200haのほぼ全てを面倒見ざるを得ないことになるだろう。また、そうした地域の要請に答えていくのが我が社の責任」であると橋本氏は言います。なぜなら、その200haのエリアの水田農家で後継者がいるのは沼南ファームだけだからです。年金農家も高齢化し、これ以上の機械投資ができる農家はもういません。これは、都市近郊である千葉県柏市だけのことではありません。日本のどこでも同じことが起こっているのです。それに対応して湘南ファームでは200haに対応できる乾燥調製施設を新設するとともに、借地した作業条件の悪い湿田の改良と圃場の合筆を自らの手で進めています。沼南ファームのケースは我が国の平場の水田農業の未来を示していると思われます。

(有)沼南ファームの記事

 また、仮に規模拡大が進み、農地が集約されればコストが下がるという議論も正しくはありません。規模拡大や農地集積は必要なことですが、それだけではない慣行稲作技術のイノベーションがなければ、稲作のコストダウンは実現しません。

 平成23年度の全国平均の1俵当り水稲入生産費は1万6,001円です。15ha以上規模の平均でも1万1,080円であり、それ以上の規模になっても必ずしも生産コストは下がっていません。その理由を多くの農業関係者は、農地が集積されておらず圃場間移動が必要なためであると解説しますが、それだけではありません。今回ご紹介する乾田直播の技術体系で水稲生産をする岩手県花巻市の盛川農場では、1俵当り6,500〜7,000円での米作りを実現しています。盛川農場の実績に関しては、東北農業研究センターによる報告も出されています。

 仮に、規模拡大が進み、農地の集積ができたとしても、水稲の慣行技術体系であるロータリによる耕耘や代かき、そして田植え機による移植を行なっている限り、その作業速度に限界があり、適期に作業を済ませようとすれば、追加的な機械投資や労働力が必要になるため、生産コスト低減は頭打ちになります。場合によっては規模拡大がコストアップの原因になることすらあります。

 例えば、ロータリ耕の作業速度は時速2km程度、田植機で1.5km程度と、畑作で一般的に使われる作業機と比べて作業スピードの制約があります。これに対して、畑作の耕耘手段として使われるプラウやスタブルカルチあるいは畑作用鎮圧作業機では時速6〜8km、水稲の播種にも使えるドリルシーダでは10〜13kmといったスピードで作業が行えます。その作業速度は慣行技術体系の3倍から10倍近いスピードです。こうした畑作作業機を使い、春作業は麦の場合と同じ技術体系で代かき・移植を行わずに水稲生産をするのが乾田直播という技術です。カリフォルニアやイタリアなどの稲作との比較では、規模の差だけではなくこの作業手段の違いが生産コストの差を広げる要因の一つになっているのです。

 また、移植体系では育苗とその苗運搬には多くの労働費を必要とし、育苗ハウスなどに設備・資材コストも掛かります。そのために水稲の直播が推奨されていますが、現在の我が国の直播の主流は代かきをした上で直播する堪水直播が主流です。堪水直播も省力・コストダウンにつながり、特に雨の多い我が国の稲作では必要な技術です。しかし、低速での代かき作業をしている限りその作業時間がコストアップの要因になります。でも、乾田直播では畑状態でレーザーレベラやバーチカルハローあるいはカルチパッカ等の鎮圧作業機を使うことで代かきをせずに水稲作を行なえます。ただし、乾田直播はトラクタによる作業となるため、雨が降ると作業ができません。その場合でも、無代かきのまま田に水を入れ、堪水直播や無代掻きでの田植えが行えます。乾田直播か堪水直播かの違い、あるいは移植をするかどうかではなく、代かきをせずに畑作作業機での高速作業で水稲作を行うことに水田経営のイノベーションがあるのです。

 その価値は、作業速度が速く適期を守って規模拡大ができるだけではありません。水稲も麦も大豆も、さらにはジャガイモその他の野菜やトウモロコシなどのような飼料作物も同じ技術体系になることにより、機械の償却コストを低減させ、稲作だけではなく他の作物も含めてのコストダウンがはかれることになるのです。しかも、乾田直播による稲作では圃場が固く締まることで秋の収穫作業が容易になるだけでなく、適正な技術が定着すればコストの低減だけでなく収量・品質も向上します。

 視察当日には、柏みらい農場において、水稲の場合と全く同じ技術体系で小麦のための耕耘・砕土・整地・播種・鎮圧の作業を見ていただきます。

4.JPG

4_2.jpg

4_3.jpg


[開催日]

20131113日(水)
13:00~17:00

[視察場所]

(有)沼南ファーム(橋本茂社長)

(有)柏みらい農場(染谷茂社長)

【視察コース】(予定)
13:00 JR常磐線我孫子駅集合
13:10 バスにて出発
13:30 (有)沼南ファーム 視察
橋本茂氏、橋本英介氏による説明と質疑応答
14:30 バスにて柏みらい農場へ移動
15:00 (有)柏みらい農場到着
15:10 柏みらい農場圃場にて作業見学と質疑応答
(乾田直播と同じ技術体系である小麦の砕土・整地・播種・鎮圧作業を見学)
16:30 バスにて柏みらい農場出発
17:00 JR柏駅にて解散

★定員:30名

★主催:(株)農業技術通信社

★集合場所:2013年11月13日 13時 JR常磐線我孫子駅集合。


※お申込み者には後ほど詳細案内をお送りいたします。

★受講料:31,500円(税込)


お申込はこちら




Posted by 編集部 | 16:47 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)