執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 編集長コラム  >自らを問えぬのなら、...

編集長コラム

自らを問えぬのなら、未来を創る者に道を譲れ | 農業経営者 6月号 |  (2002/06/01)

【「農業経営者」編集長 昆 吉則 -profile
僕は53歳。農業関係の仕事をするようになって約30年になる。その間、「厳しい環境」「未曾有の困難」「危機」「農業軽視」等という言葉が時候の挨拶のように語られる農業の周辺で飯を食ってきた。そこにいる人々の被害者顔とともに。でも、声高に農業の不幸を語るのは「農業関係者」であり、あるいは彼らにマインドコントロールされた地域を背負う農業者だった。

ところで、そんな枕詞付きの挨拶で始まる会合の後には、いまだにコンパニオンのネーチャン付き宴会というのが通 り相場だ。その度に「これ誰の金で飲ンでるの?」と訊ねたくなる。それは「○○県××認定農業者研修会」とか「△○町凸 凹農業経営研究会」とかの行政機関やそれに順ずる団体名が名を連ねる会合である。皆が自腹でする村の寄り合いとは違うのだ。僕だってネーチャンは嫌いじゃない。宴会を止めろとまでは言わない。でも、こんな時代になってもまだそれに疑問をもたないでいる農業経営者たちは失礼ながら時代錯誤だと思う。
約10年前、その直後には反故にせざるを得ないのを承知で「一粒たりとも米は輸入させない」という国会決議が三回も「全会一致」で可決されたことを覚えてはいないだろうか。その当時、農協組織が農民の被害者意識を煽り、デモに動員して、農水省の役人や国会議員の待ち受ける霞ヶ関で農家に怒号を上げさせて「ガス抜き」をさせていた。それらは皆、農民たちの罵声を受けていた当の役人と政治家と農協組織が、農民支配の手法としてシステム化してきたものであった。同時にその彼らが、自分たちの仕事を作るために農家を補助金付けにし、その自由を奪ってこなかったか。シャブ付けにして自由を蹂躙するその筋の者と同様に。さらに、これはと思われる農家には、玄関に飾るための額まで付いた賞状を渡し、「担い手」だ「中核農家」だ「認定農家」だなどとその時々の言葉を使って猫撫で声で農家に擦り寄っていった。いわば「誉め殺し」である。

情報の一元化と補助金と集落の縛り、そして農民の名誉心をくすぐり、僅かな特権意識や彼らとの共犯意識を持たせることで行政や農協は農家を縛り続けてきたとも言えるのだ。冷静に考えてみれば農業経営者のために関係者がいるのか、農業関係者のために農家がいるのか?

ずっと以前から「農業問題」とは僕を含むその関係者の「居場所作り」のネタなのだ。

本来、政治家も役人も農協も関連企業も農業にとって必要な存在であり、ともに食べる者への責務を共有すべき同伴者である。しかし、僕自身や我が社を含めて、行政や農協やあらゆる農業関係の企業関係者も、そして農業経営者たちもまた、これまでの在り様、その存在理由が問われている時代なのだ。今が困難な時代だからこそ誰もサバイバルゲームに狂奔している。競争は必要である。でも、それは「必要とされる競争」なのだ。目の前にいる取引相手や利害を共有するものだけしか見えない者、自らの居場所作りをするために建前を語ることしかできない者は退場していかざるを得ない時代なのだ。

この雑誌を創刊する前後の農政運動盛んなりし頃、「動員されて国会デモしてきた帰りなのだけど一杯やろうよ」と笑いながら、支給された交通 費でチャッカリ我が社を訪ねてくる同世代の農業経営者がいた。初めからそのつもりで用意した手土産を持って。事務所のストーブでスルメや丸干しや干し芋などを焼きながら、僕の貧乏事務所をからかい、自分自身の存在を含めたおかしさをもうひとつの肴にしながら、酒を飲み交わした。

「あの正義面の経済連職員は気に食わねんだ」「トンデモネー野郎だな。でも、今に消えるよ」なんて笑いながら。彼は米輸入自由化反対を叫ぶために漫画のような衣装まで着せられて東京の町を練り歩かされたのだ。

嘘ばっかりの建前の議論にはウンザリしながら、そんな中でそれぞれに生きている自分自身をお互いに笑って見せた。彼と僕が立場の異なる異質な存在であるからこそお互いを合わせ鏡とすることで気付くこともあった。

受け継いできたものを守る責務を強く自覚しながら、そこに棲むことの心地良さと鬱陶しさを感じつつもがいていたのが我等の世代なのかもしれない。しかし、そんな照れ笑いをしていられる時代は終わってしまった。

すでに農業の世界にも素晴らしい青年たちが育っている。文字通り豊かさの中で育ってきた20代、30代の青年たちが農業の前面 に登場するようになった。彼らはキチンと歴史を受け継ぎつつ未来を創り出す誇りにも満ちている。未来は彼らのものである。もし自己改革できぬ 我等であるのなら、もう道は彼らに譲り渡すべきなのである。
Posted by 編集部 08:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする