執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 提言  > 視点  >誰のためのジェネリッ...

提言 | 視点

誰のためのジェネリックか | 農業経営者 4月号 | (2006/04/01)

【(株)ハート社長 浜島健二郎】
view0604.jpg 言うまでもなく、農薬は農業生産に必須の資材のひとつだ。そのコストは生産者が負担し、農産物価格に上乗せされる。つまり、農薬業界にとっての最終顧客は消費者ということになる。

科学的・論理的な議論を



特許が切れた農薬の後発品、いわゆるジェネリック農薬をめぐって、農水省は、先発品との同等性が確認できるものについては、登録申請に当たっての試験成績の提出を一部簡素化する措置をとっている。
けれども、実際にジェネリック農薬を登録しようとすると、依然として億単位の費用がかかる。オリジナルと同等であることが証明できても、新規薬剤の登録と同じように、各種試験成績の提出を求められるのが現実だ。

問題は、試験成績の要求に科学的・論理的な理由があるかどうかだと思う。海外では、ジェネリック農薬の普及が進んでおり、国内でも医薬品・動物薬品の登録に関しては規制が緩和されていると聞く。

ジェネリック農薬は農業者の生産コストを下げ、消費者に利益をもたらす。国内農業の発展に大いに役立つと私は確信しているし、登録促進は急務だと考える。

日本農業の将来のカギを握るとされる農産物の輸出拡大にも、ジェネリック農薬は寄与するにちがいない。現在、日本産の果物などは主に味と形が評価され、高級品として特定層向けに輸出されている。生産コストが下がり、収量が上がれば、それに安さという魅力が加わる。ジェネリック農薬は、富裕層に偏らない輸出マーケティングを実現する可能性がある。

競争はつぶし合いではない



当社では設立以来、除草剤「ラウンドアップ」のジェネリック品を海外から輸入し、農薬取締法の適用を受けない「非農耕地用」として販売してきた。当初、希望小売価格は2,400円(500ml)だったが、今では8分の1の300円にまで下げている。

この価格はオリジナル品の価格に影響を与えた。農薬業界の中には「価格秩序を乱した」という受け止め方もあるかもしれない。

しかし、消費者・農業経営者に目を向けるならば、農薬の価格は乱れれば乱れるほど良い。それぞれの会社が品質・サービス・価格で徹底的に切磋琢磨するのが本来のあり方だと思う。

競争とは企業同士の潰し合いではない。むしろ、企業側には、利益追求に専念するのではなく、世の中の人に幸せをもたらす姿勢こそが求められる。ジェネリック農薬の登録制度がより緩和されることで、自由競争を招き、顧客の利益を最大限に追求する流れが定着するようにと希望している。
(インタビュー・まとめ 秋山基)
浜島健二郎(はましま けんじろう)
1938年鹿児島県種子島生まれ。東京農工大農学部卒業後、ダウ・ケミカル日本(株)、日本モンサント(株)の農薬マーケティング・営業部長、企画開発部長などを経て、88年独立、起業。農業関連資材の輸入卸売業などを手がける。著書に『改訂新版実用農薬ガイドブック』がある。趣味は油絵。昆虫や宇宙にも関心を持つ。 http://www.heart-jp.co.jp/
Posted by 編集部 11:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする