執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 時流  > 農・業界【国内】  >青森・藤崎園芸高校

時流 | 農・業界【国内】

青森・藤崎園芸高校
進むJGAP認証への取り組み
生産者を育成するりんご科、審査受ける | 農業経営者 11月号 | (2006/11/01)

去る10月5・6日の両日、青森県立藤崎園芸高校が、JGAP取得の審査を受けた。審査にあたっては「りんご科」主任の三上浩樹教諭らに質問が出されたほか、現場の管理状態がチェックされた。結果は、早ければ10月中にも出される見込みだ。 
佐藤晋也・同校教頭は「食の安全が叫ばれる時代に、生産者として具体的な行動を起こすことが大事。その意義を、生徒だけでなく農家の方々にも認識してもらいたい。社会の評価を受け、これからは自分で自分を守っていかなければ」と、申請の動機を語る。

本誌2006年6月号の特集でも紹介したように、既に海外70カ国においてユーレップGAPと呼ばれる国際基準が浸透しているが、日本ではこの春にJGAP認証が始まったばかり。

今年度中にはJGAPとユーレップGAPとの同等性認証が完了する見通しで、今後はGAP認証が流通の鍵となる。日本産農産物の国際競争力を強化するためにも、その必要性が高まることは必至だが、なかでもユーレップGAP認証面積で第1位のリンゴについては、生産者の関心が高まっているようだ。
Posted by 編集部 09:30

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする