執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 農業経営者コラム  > ヒール宮井の憎まれ口...  >GM大豆栽培計画 ...

農業経営者コラム | ヒール宮井の憎まれ口通信

GM大豆栽培計画 | 農業経営者 5月号 |  (2008/05/01)

【宮井 能雅 -profile
経営者コラム

知識のない反対派


私が北海道民から嫌われた出来事と言えば、まず、これをお伝えしなければならない。 2004年10月1日付けの毎日新聞北海道版に、「GM大豆の栽培計画」と書かれた記事が掲載された。事実関係には実際と少し違う点もあったが、もちろん私のことを書いた記事である。
新聞記者に対して私は、1997年と98年にGM大豆を栽培して政府の交付金をしっかりいただいた経緯を中心に話した。だが、紙面上で注目を集めたのは〝絵に描いた餅〟程度の計画を話した部分で、これにみんなが騒いだ。

朝刊が発売された当日、昼ごろまでは誰からも連絡がなく、私自身もこんなものだろうと思っていたのだが、12時を過ぎたころになると、ほぼすべての新聞社とTV局が取材にやって来た。町からは農業担当課長が普及所課長を連れてやって来て、「そんな計画は止めてくれ」と言い出し、翌日には農協の組合長もやって来て同じことを言い出した。

なんでGM大豆ごときで、それほど騒ぐのか? 正直、今でも理解できない。といっても、一番理解できていなかったのは、止めに来た当のご本人たちだろう。

周りの農家も当然のように中止を要求してきたが、理由のほとんどは、「その様な安全性が確認されていない気持ち悪い物を作ってどうする?」というものだった。

当然、私は正論で応じた。国家が96年に輸入・栽培・流通・加工を認めた安全な大豆であり、それを我われは8年間食べていると。だが、そう説明しても、「そんな危険な物を食べているはずがない!」と反論してくる。私程度の人間が知っているのだから、当然、みんなもGMについての知識があるものだと思っていたのだが、これが一番の間違いであった。

毎日新聞が報じてから27日後に栽培計画は中止した。だが、相変わらずみんなは危険だと言い、かといって、1500万tのGMコーンと400万tのGM大豆、GM菜種、GM綿実の輸入が中止されるわけでもなかった。(以下つづく)
※記事全文は農業経営者05月号で
Posted by 編集部 12:28

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする