執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2017
08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME >2008年09月

購読申込み
読者の会

第20回 8月29日『農業経営者』読者の会 定例セミナー (2008/09/01)

「オカルト農法探検隊への招待〜科学的に解明できない農法教えます!〜」


【講師/後藤芳宏氏(ごとう・よしひろ)農援隊代表】

◆セミナー参加者の「声」をご紹介します。

不思議な大変面白い話でした。 物質的には豊かな時代ですが、精神的には貧しくなった昨今。 人を見直す上でも大切なことかも知れません。 言霊とは魂をこめて一生懸命に農を行うと良いことが生じると受けとめました。 興味深く聞かせていただきました。
(匿名)


たいへん有益でした。古神道と農業の関係に気付きが得られました。 真の自然農業の追及をしていきたいと思います。
(千葉県 農業経営者 / 男性・72歳)


目からウロコがとれました。今日のセミナーを機に実践したいと思います。 日本の考え方(東洋)とキリストの考え方の違いについてはどうだろうか。
(長野県 農業機械メーカー/男性・62歳 )


あまり聞けない話でしたので大変面白かったと思います。 まだまだ科学では解明できないことはあると思います。 今後色々なところで雑談として話させていただきます。
(兵庫県  商社/男性・47歳)


植物のエネルギーの活用の可能性に気付きました。 GDVの検証→「光」の利用などのアクションを取ろうと思います。 公的機関の閉鎖性についてはどうだろうか?
(東京都 農業資材業者/男性・49歳)


昔の人の知恵が実は科学に基づくものだと気付いた。 実話オカルトとされるものも科学的に解明されていないだけではないか。 誰も見向きもされないことでも興味を持つ事は必要と感じました。
(東京都 食品流通/男性・40歳)


自然との共生に改めて気付いた。自分の思ったことを実践していきます。
(農業経営者/男性)


今日のセミナーの様なことも含めて農業の楽しさがあると思う。
(農業経営者/男性・51歳)


共存共栄農業の考え方に深く共鳴しました。 今後は、今行っている活動が良いのかどうか確認のために調査したいと思います。
(農業関連事業者/男性・32歳)


大変有益でした。 今日のセミナーを機に実際に行ってみたいと強く思いました。 百姓のあり方が見えた気がしました(祭祀を含め)。 今後は自然農法の実践、真の百姓を目指したいと思います。
(福島県 農業経営者/男性・24歳)


>第20回定例セミナー参加者アンケートより



セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:30 | この記事のURL
購読申込み
読者の会

第19回 8月8日『農業経営者』読者の会 定例セミナー (2008/09/01)

「農場は人が創る〜農業でプライドをどう表現できるか〜」


【講師/永井進氏 ㈲永井農場 専務取締役 】

◆セミナー参加者の「声」をご紹介します。

今回のお話の中で、「米屋に米を売るもんか」から、産直でのダイレクトに生産者の心を伝える言葉に、強い農業に対する意志を感じました。楽しむ職場であることが伝わってきました。
(東京都 製造業/男性・36歳)


私自身、農業ビジネスに漠然と興味を持っている段階であり、すべてが新鮮で貴重な御話でした。特に講師の永井さんは同世代、年齢が近いということもあり、伝わることも多かったです。
(東京都/男性)


感性やデザインを農業に持ち込むセンスとそれを実践する方の生の声は大変参考になりました。
(匿名)


農場視察させて頂き、ご本人の肉声でコンセプト、ポリシー、ビジョンを伺い、頼もしさを感じました。今後のネットワークを期待します。
(東京都 サービス業/男性・44歳)


>第19回定例セミナー参加者アンケートより



セミナー音声のご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL