執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 読者の会

購読申込み
読者の会

第68回 7月5日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内 (2012/06/01)

セミナー音声配信

夢を実現する一歩を踏み出す次世代経営者〜農業ビジネス挑戦記〜


【有限会社石田牧場 石田陽一氏/国立ファーム株式会社・山形ガールズ農場 菜穂子氏】
(有)石田牧場 石田陽一氏と山形ガールズ農場 菜穂子氏の両名は昨年開催されたA-1グランプリ2011で、「Agrizm」賞を受賞した若き農業経営者。両氏の昨年発表した事業モデルの現状とこれからの展開やA-1グランプリに出場したことで得られた体験や事業計画書を作成することによるメリットについてお伺いする。事業計画を作成するポイントにも言及するので今年のA-1グランプリに参加をご検討されている方には必見のセミナー。トークショー形式で楽しく語っていただく。

石田陽一
石田陽一氏プロフィール
A-1グランプリ2011には「笑顔のめぐりプロジェクト〜牧場ジェラートが農業と消費者をつなぐ〜」のビジネスプランで参加。ジェラートはチーズやヨーグルトと違い、様々な食材とミルクを組み合わせてメニューが作れる。地元の野菜生産者を巻き込み事業を展開させている。
菜穂子
菜穂子氏プロフィール
“ガールズ農場”の名の通り、女性のための女性の農場を目指している。これからの農家の嫁に求められるものは何か?販売・営業力、加工力、プロデュース力、経理力などなど。あらゆる側面から女性ができる農業の可能性を追求している。

日時:2012年7月5日(木)15:00〜17:00 ※定員に達しましたので、参加を閉め切りました。
場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
会費:無料

セミナーへのお申込はこちら



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
読者の会

第66回5月25日『農業経営者』読者の会 定例セミナー (2012/05/01)

「農業の力で地方は必ず復活できる! 」


【講師/有限会社クリタ園芸 代表取締役 栗田義夫氏】

◆セミナー参加者の「声」をご紹介します。

大変有益なセミナーでした。静岡から来て本当に良かった。帰ってからしっかりと今日の学びを整理していきたい。これから、自分たち若い世代も立ち上がって行きたいと思います。ありがとうございました。
(静岡県/男性・22歳)


わかりやすい講演、ありがとうございました。農業法人に関しての現状を具体的にお話いただいたので、非常に参考になりました。やはり農業に関しても、一般企業と同様、数字管理がポイントになることがわかりました。
(東京都/男性・43歳)


自身の経営に基づいた内容なので、大変有益でした。年中休みなしで朝から晩まで働いているのは経営をする上で良くないことだとわかっていましたが、これからは一日のスケジュールに分析などの時間を組み入れて行きたいと思います。
(栃木県/男性・49歳)


とても張りのある声でわかりやすくて良かったです。コスト意識の話が大変わかりやすくて、なるほどとうなずいてしまいました。
(千葉県/男性・49歳)


もうからない経営者についてもう少し詳しくお聞きしたかったです。農業の経営の考え方がわかって、非常におもしろかった。
(匿名希望)


>第66回定例セミナー参加者アンケートより



セミナーへのお申込はこちら



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
読者の会

第65回4月27日『農業経営者』読者の会 定例セミナー (2012/05/01)

「TPPで日本は世界1位の農業大国になる〜ついに始まる大躍進の時代〜 」


【講師/『農業経営者』副編集長 浅川芳裕】

◆セミナー参加者の「声」をご紹介します。

書籍同様、非常にわかりやすい内容でした。農業の有識者の書籍で勉強させていただいていますが、各々の得意分野が分かれていて(土地、国際、農業経済、政策、法律オタク)農業者目線の話が少ないと思っておりました。その点において、浅川先生のお話は幅広く非常に参考になります。先進的な農業者の声を一人でも多く拾い上げて、残された日本の改革を達成してください。小生も微力ながら、努力したいと考えております。
(東京都/男性・31歳)


個別の品目ごとの取引量や税率など絶対値で話をできるところが強いと感じ、重要であると認識しました。事実を積み重ねることの重要性を教えていただきました。農家の方が実態を知らないことが最大の問題であると認識しました。今関心のあるキーワードは、「GAP…世界標準と国内の乱立状況の現実」「IT化で何ができるか」です。今後の講師には、熊本の松本農園さんを希望します。
(東京都/男性・52歳)


大変有益なセミナーでした。TPP後の農業の方向性、それに伴う必要とされる考え方に関心があります。
(東京都/男性・48歳)


TPPに関しての反対派の根拠が薄いというのがよくわかりました。一般的にTPPは反対される感がありますが、その根拠を明確にするところがやはりスタートになるでしょう。著書読ませていただいております。米に関しては素人でまた日本の農業は米を中心に動いている様で、その部分を深く勉強していこうと思っています。私どもは日本中の食品に販売する仕事をしています。販路をともにつくってくれるパートナー(生産→小売まで)を探していてます。何かあればよろしくお願いします。
(東京都/男性・36歳)


浅川さんの人の話を聞いて、冷静に答える姿に感嘆しました。前向きの話が少ないのが残念でした。質疑応答もメールですんでしまう内容では。前もって議題を決めていろんな人の意見がきけるとよいのでは、と思います。今、関心を持っているキーワードは「産業化する」です。今後のセミナー講師には、反TPPの方を望みます。
(千葉県/41歳・男性)


深く幅広い知識とご経験に経緯を表します。「製造コストを下げれば生産物の競争力が上がる」工業製品では当然のことが、農産物にも当てはまることがわかりました。「生産者の大規模化」「企業の直営農場」に関心があります。
(東京都/女性)


>第65回定例セミナー参加者アンケートより



セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから





Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)