執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 読者の会

購読申込み
読者の会

第17回 7月4日『農業経営者』読者の会 定例セミナー (2008/08/01)

「必要なものを効率よく入れる施肥設計術」


【講師/関祐二氏 農業コンサルタント】

◆セミナー参加者の「声」をご紹介します。

肥料不足ではという不安を解決する方法が分かった。分析をして、きちんと判断したい。今日得た情報をもとに、有機質(堆肥・緑肥など)深耕とともにいろいろと試してみたい。
(栃木県 農業経営者/男性・33歳)


ポテカルの記事を愛読しているが、文字で読むより、生の声で聞けるのは理解し易い。
(東京都 製造業/男性・40歳)


興味深く聞かせてもらったが、時間が短かった。体型的に聞けるだけの時間が必要だと思う。
(東京都 小売業/男性・38歳)


作物は土からという意識、土壌分析の必要性を改めて認識しました。
(東京都 小売業/男性・35歳)


土は色々と難しいということが分かりましたが、内容的にはあまり理解できませんでした。これから農業を始めるというような場合、どのような事から勉強していくのが良いのでしょうか。
(東京都 エネルギー/男性・36歳)


有効態リン酸と作土層の考え方が参考になりました。是非ともポテカルの関先生のコーナーと裏表紙を本にしてもらいたいです。
(東京都 商社/男性・27歳)


自分で農業をやっているわけではないため、細かい所は難しいと感じました。しかし、食の安全や農業の問題や環境の問題など、普通の人の生活に繋がっていくものだと感じました。土のことを学ぶ機会が無いのでとても勉強になりました。
(匿名)


土壌成分の分析をして科学的に必要な肥料の設計を立てるという基本的なことを教えられた。
(東京都 NPO法人/男性・57歳)


昨年から作物の病気が原因でリン酸を増やし、効果に疑問が残っていたし、土壌分析もドクターソイルで行なったが、不明瞭な部分がありました。今日はそういった疑問が明らかになり、為になったと思います。
(富山県 農業経営者/男性・40歳)


>第17回定例セミナー参加者アンケートより



セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL
読者の会

第21回 9月4日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内 (2008/08/01)

セミナー音声配信

「遺伝子組み換え作物のリスク情報管理〜消費者の意識をいかに変えるか〜」


【講師/小島正美氏(こじま・まさみ) 毎日新聞編集委員】
遺伝子組み換え作物について、食の不安を煽るようなメディアが氾濫している。ところが栽培現場を本気で取材している記者は少ない。いたずらに不安を増幅するのではなく、どのようにリスク情報を消費者に伝えるのか。GM先進国を取材した最新情報をもとに、メディア・行政・農業者など多様な視点から消費者の意識をいかに変えるか提案する。
※ 翌日9月5日には、日本モンサント㈱茨城・河内研究農場にて、遺伝子組み換え作物圃場見学会を実施します。あわせてご参加下さい。

小島正美
講師プロフィール
1951年愛知県生まれ。愛知県立大学卒業後、毎日新聞社入社。松本支局、千葉支局などを経て、現在は東京本社生活家庭部編集委員。主に環境や健康、食の問題を担当する。著書に『リスク眼力』(北斗出版)など。
日時:9/4(木)16:00~18:00
場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
会費:一般参加の方は5,000円、『農業経営者』定期購読者の方は無料になります。
※ 今月号より、年間購読のお申込をいただいた場合も受講料は無料となります。

セミナー参加者からの喜びの声

セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
読者の会

第22回 9月26日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内 (2008/08/01)

セミナー音声配信

「ファーミング・エンターテイメント〜腹ではなく心を満たす農業ビジネス〜」


【講師/白石好孝氏(しらいし・よしたか) 体験農園「大泉 風のがっこう」園主 】
土を耕し、肥料を入れ、種を播き、自然に実が大きくなって収穫するというのは、農家にとって当たり前の行為だろう。そんな単純な作業そのものを、体験農園に来るお客様は新鮮な感覚で受け取ってくれる。農業に感動や癒しが求められている今、体験農園を新しいビジネスとして進化させた白石氏が、心を満たす農業のあり方を提案する。

白石好孝
講師プロフィール
1954年東京都練馬区生まれ。77年東京農業大学卒業、1年後に就農。97年市民参加型の体験農園「大泉 風のがっこう」の運営を始める。2003年NPO法人「畑の教室」を設立。著書に『都会の百姓です。よろしく』(コモンズ)、共著に『体にやさしい・おいしい野菜のつくり方−農家のコツ教えます』(西東社)。
日時:9/26(金)16:00~18:00
場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
会費:一般参加の方は5,000円、『農業経営者』定期購読者の方は無料になります。
※ 今月号より、年間購読のお申込をいただいた場合も受講料は無料となります。

セミナー参加者からの喜びの声

セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)