執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 読者の会

購読申込み
読者の会

第51回 9月24日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内 (2010/08/01)

セミナー音声配信

「果物」を「果物語」で届けます。〜食べる人と向き合った商品開発〜


【講師/(有)柑香園(観音山フルーツガーデン)代表取締役 児玉典男(こだま・ふみお)氏】
おいしい果物をつくるこだわりとともに、そのもぎたての味を食べる人に届くまで維持するよう細心の注意を払っている。「いかにして農場ブランドを作るか」「食べる人の嗜好にあわせた『美味しさ』でマーケティングをすると、どういう商品開発になるか」といった問いから生まれた経営のありかたを講演していただく。地域の活性化にも力を入れており、その溢れんばかりのアイディアも紹介していただく。

児玉典男
講師プロフィール
1949年、和歌山県紀の川市(旧那賀郡粉河町)生まれ。1972年、三重大学農学部卒業後、(有)柑香園に入社。明治時代から100年近く続くみかん園の5代目の園主となる。会社名とは別に商標登録した「観音山フルーツガーデン」により農場のブランド化に成功。100%直接販売で売上は約7,000万円。地域貢献活動にも積極的に関わっている

セミナーの動画・音声、DVDのお買い求めはこちらから

※児玉典男氏は『農業経営者』人気連載「新・農業経営者ルポ」に登場しています。


日時:9/24(金)16:00~18:00
場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
会費:一般参加の方は5,000円、『農業経営者』定期購読者の方は無料になります。
※ 今月号より、年間購読のお申込をいただいた場合も受講料は無料となります。

セミナー参加者からの喜びの声

セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
読者の会

第50回 9月15日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内 (2010/08/01)

セミナー音声配信

韓国農業のいま


【講師/農業ジャーナリスト 青山浩子(あおやま・ひろこ)氏】
かつて日本と同様な農業貿易交渉をしていた韓国は、対米、対EUの自由貿易協定を結んだ。それと同時に韓国の農業政策も、大きく転換した。そんな変化、チャレンジの中にある韓国農業、韓国の農業経営者について、韓国農業に詳しい青山浩子氏に日本と比較しながらの韓国の農業事情、韓国農業が抱える課題、韓国の農業経営者たちの思い、FTA締結で韓国はどう変わったか?などを講演していただく。

青山浩子
講師プロフィール
愛知県岡崎市生まれ。京都外国語大学英米語学科卒業。日本交通公社(JTB)勤務を経て、韓国延世大学に留学。帰国後、船井総合研究所などに勤務。在職中に農業関連のコンサルティングに携わる。1999年に独立、農業関連のフリージャーナリストとして活動中。著書に「『農』が変える食ビジネス」(日本経済新聞社)、「農産物のダイレクト販売」(共著、ベネット)、「強い農業をつくる」(日本経済新聞出版社)がある。農業関連の月刊誌、新聞などに記事を連載する一方、韓国農民新聞の客員記者も務める。

セミナーの動画・音声、DVDのお買い求めはこちらから

※青山浩子氏『農業経営者』執筆記事

「<韓国>GAP農場急拡大、激化するか国際競争が背景」
「日本の農協、韓国の農協」(全6回)
「これぞ韓国の農業の強さ!志高き生産者と農協組合長の二人三脚」
「似て非なる日本と韓国」(全11回)


日時:9/15(水)16:00~18:00

場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
会費:一般参加の方は5,000円、『農業経営者』定期購読者の方は無料になります。
※ 今月号より、年間購読のお申込をいただいた場合も受講料は無料となります。

セミナー参加者からの喜びの声

セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
読者の会

第49回 8月17日『農業経営者』読者の会 定例セミナーのご案内【満員御礼】 (2010/07/01)

セミナー音声配信

科学の目でとらえる 食べ物のおいしさとは?


【講師/(社)おいしさの科学研究所 理事長 山野善正(やまの・よしまさ)氏】
日本人の安全に対する判断力の衰えと、味覚の画一化の警鐘を鳴らす一方、従来の接待評価とは異なるアプローチで、食品の特徴を測定している「おいしさの科学研究所」。本来、日本の食文化には多様な価値観があるとこを尊重する山野氏に、おいしさをめぐるこれからの農業・食品産業のゆくえについて語っていただく。

須藤悦康
講師プロフィール
1938年滋賀県生まれ。京都大学農学部農芸化学科卒業後、食品包装会社に勤務。レトルト食品の開発を担当し、手がけた崎陽軒のパック入りシュウマイはロングラン商品となっている。1968年より香川大学農学部で教鞭をとり、食品学科教授、農学部長として活躍した後退官。2006年より生活協同組合コープかがわ理事、2007年よりおいしさの科学研究所の理事長を務める。香川大学名誉教授。農学博士。

セミナーの動画・音声、DVDのお買い求めはこちらから

※山野善正氏は、『農業経営者』2010年9月号の「編集長インタビュー」に登場しています。

日時:8/17(火)16:00~18:00
※定員に達しましたので、〆切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
場所: (株)農業技術通信社内セミナー会場
会費:一般参加の方は5,000円、『農業経営者』定期購読者の方は無料になります。
※ 今月号より、年間購読のお申込をいただいた場合も受講料は無料となります。

セミナー参加者からの喜びの声

セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)