執筆者一覧

農業ビジネス
農業経営者twitter
デジタル見本誌

アーカイブ
2019
11 09 08 06 04 03 02
2018
12 10 08 07 04
2017
12 10 08 06 05 03 02 01
2016
12 11 10 07 06 04 03 02
2015
12 11 10 09 08 07 06 04 03 02
2014
12 11 10 09 07 06 05 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 04 02
2012
12 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 09 08 07 06 05 04 03 02
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2000
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
1999
12 11 10 09 08 07 06 05 04 02 01
1998
12 11 10 09 08 07 06 04 02
1997
12 10 08 06 04 02
1996
12 10 08 06 04 02
1995
12 10 08 06 04 03
1994
12 09 06 03 01
1993
10 07 05
文字のサイズ
中
大

HOME > 読者の会

購読申込み
読者の会

2011年1月29日『農業経営者』 シンポジウム開催のご案内【満員御礼】 (2010/12/01)

【緊急開催TPPシンポジウム】
農業は日本のお荷物などではない!私たちはTPPを恐れない。

この度、菅政権のもとでわが国のTPPへの参加に関わる問題が急浮上してまいりました。弊誌『農業経営者』はこのTPPの問題がでてくる以前からFTA、EPAへの参加が遅れていることが日本の農政の遅れと認識し、それに立ち向かうべく農業経営者の皆様へ新しい経営力の増強の必要性をお伝えしてまいりました。

そして今回TPPの話題が出たことに関して2011年1月号にて緊急特集を組みました。

その特集ページのアンケートの結果においても、座談会での東北地区の稲作に関わる農業経営者のお話においても、TPP参加による原則無関税ということになることは農業経営者個人としては大変深刻な競争に晒されるという認識をお持ちでした。

しかし、座談会でお目にかかった3人の経営者はそれぞれにTPP参加に関わる諸問題に対して、立ち向かうための経営戦略をお持ちでした。また、ある読者の方からは農業経営者としては非常に苦渋に満ちた答えをせざるをえないが、ただし日本国民として考えるなら、それを進める方向に行かねばならないのだというお話をいただき、同席された皆さんも同意されていました。

貿易自由化によって関税で守られてきた日本農業が厳しい環境に置かれるということは事実です。しかし、私はその困難は承知の上でも、その変化の中で日本国内の農業の競争がさらに進み、それに伴い経営体質が強化されると考えています。

TPPへの参加あるいは貿易の自由化への対応が今、唐突に出てくること自体をくやしく思います。この間の日本農業のボタンの掛け違え、あるいは既に10年、20年前から進められておくべきであった日本農業の開放や構造改革がなされてこなかった結果として今の困難がもたらされているからです。

もっともそんな困難の中でも農業経営者の皆様は次世代の人々に誇りを持って現代の農業経営者としての生き方、あるいは経営の進め方を示していただきたいと思います。そしてその肉声を伝えるべくシンポジウムを開催します。是非、ご参加いただき、皆さまのご意見もお聞かせください」

(コーディネーター/『農業経営者』編集長 昆吉則)



[ 開催日 ]

2011129日(土)14:00〜17:00


[ 会場 ]

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-18-25 康洋ビル4F 特設会場


[ 会費 ]

定員に達しましたので、〆切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。



パネルディスカッション

発言者

■阿部善文氏(有限会社板倉農産代表取締役/宮城県登米市・コメ)
■片岡仁彦氏(株式会社アートソイル 福井県福井市・水稲、大豆、ジャガイモ、ソバ)
■橋本英介氏(有限会社沼南ファーム/千葉県柏市・コメ)
■宮治勇輔氏(株式会社みやじ豚代表取締役社長、農家のこせがれネットワーク代表理事CEO/神奈川県藤沢市・養豚)


セミナーへのお申込はこちら

Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
読者の会

「農業経営者 読者の会」主催 定例セミナー案内 (2010/12/01)

セミナー音声配信

セミナーの特徴

農業経営者や関連業界人を講師に招き、農場の成長、発展に役立つ定期セミナーを毎月(年間10回以上予定)開催します。懇親会では、情報交換や人脈構築の機会を提供します。

セミナー日程

2010年
12月
12/10(金) 第54回「農業のもう一つの道 有機農業の可能性が見えてきた 」
【講師/徳江倫明氏 特定非営利活動法人IFOAMジャパン副理事長】
(終了しました)
11月
11/26(金) 第53回「農産物直売所に見るビジネスの基本 」
【講師/青木隆夫氏(有)ベネット代表取締役社長】
(終了しました)
10月
10/22(金) 第52回「日本で最も美しい村。企業家の視点からの農村マーケティング 」
【講師/松尾雅彦氏 「日本で最も美しい村」連合 副会長】
(終了しました)
9月
9/24(金) 第51回「『果物』を『果物語』で届けます。〜食べる人と向き合った商品開発〜」
【講師/児玉典男氏 (有)柑香園(観音山フルーツガーデン)代表取締役】
(終了しました)
9/15(水) 第50回「韓国農業のいま」
【講師/青山浩子氏 農業ジャーナリスト】
(終了しました)
8月
8/17(火) 第49回「科学の目でとらえる 食べ物のおいしさとは? 」
【講師/山野善正氏(社)おいしさの科学研究所 理事長】
(終了しました)
6月
6/25(金) 第48回「世界の中で日本の“本質”はどう伝わるか?どう伝えるか?」
【講師/須藤悦康氏 須藤本家(株) 代表取締役社長】
(終了しました)
6/11(金) 第47回「運動からビジネスへ。らでぃっしゅぼーやが描く現在そして」
【講師/緒方大助氏 らでぃっしゅぼーや(株) 代表取締役社長】
(終了しました)
5月
5/18(火) 第46回「『脳業発想力』セミナー」
【講師/浅野悦男氏 エコファーム・アサノ】
(終了しました)
2月
2/10(水)〜2/11(木) 第3回全国大会「未来のための原点回帰~増収、適地適作、開拓者精神~」
(終了しました)
1月
1/29(金) 第45回「農業・農村を核とした新しいビジネスの可能性〜「ろまんちっく村」事業再生の事例を中心に〜 」
【講師/松本 謙氏 (株)ファーマーズ・フォレスト 代表取締役社長】
(終了しました)




セミナーへのお申込はこちら

Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
読者の会

第53回11月26日『農業経営者』読者の会 定例セミナー (2010/12/01)

「農産物直売所に見るビジネスの基本 」


【(有)ベネット代表取締役社長 青木隆夫(あおき・たかお)氏】

◆セミナー参加者の「声」をご紹介します。

実務に添った貴重なお話ありがとうございました。資料、講釈とも非常にわかりやすく、また貴重なデータも開示いただきたいへん参考になりました。地方品種の発掘は大事なテーマですが、自治体、生産者などに連絡をつけても商売の実務に乏しいため、取引にいたりません。ぜひ研究会に参加し、テストマーケティングを進めたいと思いました。今後、協働できることを楽しみにしております。
(東京都/男性・46歳)


今まで、「直売所がのびている」という話は聞いていましたが、その具体的な要素(仕掛け)は何なのかわかりませんでした。今回のセミナーで、具体的なケーススタディを通して非常によくわかりました。面白いお話しをありがとうございました。また、聞かせていただきます。
(匿名希望)


売れる直売所について参考になりました。私は生産者なので、どうやったらお客様目線になれるのか考えています。JA直営の農産物直売所の生産者に対してもセミナーを開催してほしいとおもいます。JGAPに関心をもっています。
(神奈川県 生産者/男性)


直売所を経営しているわけではないですが、これからの地域の活性化のためには必要な情報発信基地だと思うので、様々なケースを聞かせていただいて勉強になりました。
(新潟県 商店/男性・53歳)


直売所ビジネスのノウハウがわかりやすくてよかった。また、質疑応答が実践的で興味深いものでした。多くの直売所に関わっており経営豊富だというのが話をふくらませていて、素晴らしい内容でした。都市農家に関心があります。
(千葉県/男性・23歳)


直売所の見方がかわりました。思った以上に仕掛けがあることがわかり、もっと勉強したいと思います。直売所は利用する側ですが、仕掛ける側としても参加してみたいと思いました。
(東京都 製造販売業/男性)


初めての直売所の傾向をききました。たいへん有益なセミナーでした。
(県庁職員/男性・62歳)


たいへん有益なセミナーでした。農業(販売含めて)においての情報処理、データ処理場の課題について興味があります。
(IT系/男性・62歳)


まったく別の業界ではありますが、共通の考え方があることがわかり、参考になりました。
(東京都 製造販売業/男性)


各直売所の特徴を踏まえて説明していただいたので非常に勉強になりました。直売所ビジネスは非常に魅力的だと感じました。直売所について知ることができ大変有益な時間でした。ありがとうございました。いま、関心のあるキーワードは「TPP 」「6次産業」です。
(東京都 /男性)


直売所の今後と、卸市場のあり方について色々教えてくださりありがとうございました。たいへん興味深いお話しで勉強になりました。
(東京都 大学院生/男性)


たいへん有益なセミナーでした。商品の価格についての話がほしかった。しかと「コト起し」もらえました。今後の講師としては、「農で起業する」の著者杉山 経昌さんを希望します。
(生産者/男性)


貴重なお話しありがとうございました。直売所経営のコンサルタントという発想は自分にはなかったので、興味深いお話しが聞けて本当によかったです。直売所へ出荷する農家がお金になるということをいくつかのケーススタディの紹介によって理解できたのが有益でした。
(東京都/男性・24歳)


>第53回定例セミナー参加者アンケートより



セミナー動画・音声、DVDのご購入はこちらから



Posted by 編集部 | 07:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)